カッパパールンパッパー

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

若さゆえの総集編 

明日また更新すると思うんですけど、そこからはしばらくない気もするのでここで一つの区切りとして過去のエントリーを振り返ってみようと思います。かなりビッグサイズですが、大事そうな所をつまんでみました。

今まで生きてきた中でいくつも分岐があった。今まで生きてきた中で、おれは一番の選択ができたかどうか、確信は持てない。今はただ未来を見据えて前向きにやっているけれど。

たとえどんな結末があろうとも、人生は終わる。おれにとってなにがそれなのかはわからないけど、最高の人生であってほしいと思う。

未だに「あの選択は間違いだったか」なんて考えてしまうことってないですか?結局人生レベルの失敗って「終わりよければ全て良し」的な考えで後で逆転する以外にないから、そうした時には初めてその失敗を肯定できるんだからがんばるしかないですよね。

あと自分の失敗をすごく忘れたくなったりとかありませんか?でも自分の失敗したことを忘れてしまえば同じ失敗をまた繰り返してしまう危険性があるわけで。しょうがないから歯を食いしばって記憶に留めておくわけです。

本当にいつもおれは未熟だと思ってしまいます。今まで何やってたんだろうとか、もうドラム自体やめてしまおうとか。でもドラムはまだやめません。まだ限界じゃないです。まだ逆転できます。本当ドラムのことばっかり考えてるから、そう簡単にはやめられません。

こんなおれでもドラムで迷う時はあります。そんな時、魔女の宅急便と同じで、ジタバタしてたらなんか解決できたってことが多いですね。

ドラムのようなリズム楽器はかなり感覚的な楽器だと思うんでちょっとできてしまうとすぐ運命的な気がしてしまうんですよね。ハマると本当に好きって感じになるし。そんなこんなで自分も未だにドラムやってます。

ただこれは昔からそうなんですがあまり「ドラムが好き」とか、「音楽が好き」とか、「好きな気持ちは負けない」とか、そういう主張はしたくないんですよ。なんか、そう発言することで自分を音楽に縛り付けたくなくて。音楽が好きなのはみんなそうだと思うし、その尺度でいったら気持ちの大きさの問題だから比較しようがないし。「音楽が好き」って文、見るとすごく無理してるように見えるのはおれだけでしょうか。

自分はバンドによってキャラクターが変わってきます。その違いは自分以上に見に来た人たちが感じると思います。そういう意味で、アイズのライブを見ている人もそうでない人も、KGDのようなバンドは楽しめると思います。いや、宣伝じゃないんですけど、ライブの予定ないしwまぁ実際そうなのよということで。

バンドによって違うってのは周りに言われることなので。

このKGDというバンドですが、もうライブはやりそうにありませんw

シャカラビをやりたいという知り合いがたまたま2人いて、その二人を合わせておれも入り、友達にも声を掛けてもらい、バンド結成に至りました。細く長く気楽にやりたいなと自分では思ってます( ̄▽ ̄ )今、というかこれからはバンドを楽しむっていう気持ちを見直す(思い出す)時期でありたいと思っています。

結局まだ一つのライブもやってないシャカラビバンドです。今めっちゃ忙しいんでねぇ。そのうちできたらいいですけど・・・。

テンポキープに不安を覚えなくなりました。idiotの時は「全然わかんねーっ!!!」だったのが、今では当たり前のようにできるようになってました。やっと慣れてきたということでしょうか。まぁずいぶんと時間がかかった方でしょうね。ただそのことで悩み初めてからはかなり早かった気もします。ココで一つ結論。自分のある欠点を克服したいなら、そのことについて集中的に悩もうwあ、当たり前ですか?w

テンポキープはかなり悩んでました。今はバンド次第かな~。フロントマンがしっかりしてればそんな悩まないんですが、人のせいにするわけにもいかないのでこれからどんどん厳しく声かけていきたいです。周りに合わせられないギタリストさんには「もっと大人になりましょう」とアドバイスしておきましょうか。

人生で大事なのは満たされていることではなく、満たされるまでの過程でグワッと生命力を発している時期だと日々思い知らされます。もちろん本人にしてみれば「幸せ?冗談じゃないよ」って感じでしょうけどね。だからどんどん新しい目標に燃えていけるようになりたいなと思う今日この頃です。

今はそんな廃人ではないのでw

なにもかもやる気しない時ってありますよ。そういう時はトコトン何もしないのが一番です。

昔の方が文が明るいって印象があります。けどそれ以上に感じることは、「あぁ、おれってこんなことで悩んでたんだ」って思う内容が多かったこと。すごく成長したんだなぁと自惚れながら思いました。

これ過去ログを一通り見た時ですね。今年はあんまり伸びてない気がします。むしろ今年は諦めてますw来年巻き返しますんで。

バンドはいくつも組んでるはずなのにちっとも叩く機会がないです。とはいえ、腕が鈍るってことはないとは思うんですけどね。リズムとかそういうのって自転車のる感覚と一緒だと思うんですよ。だから感覚的に身についた分にはその部分が落ちることはないかと。ただトレーニングでリズムのスキルを保っている段階ではやめたら落ちるでしょうね。やっぱ体に根付くように身に付かないと本当の実力に繋がらない。

ごめんなさい。これ嘘です。バディリッチでもしばらく叩かないと感覚なくなりますし、おれも例外ではありませんでした。身をもって知りましたw

本番のコンディションを作る方法としては2日前、前日と続けて叩くことですね。できればバンドで。だいたい3日目ぐらいで調子が最高になると思うんですよ。

今まではバンドによって自分のプレイが発揮できない理由を突き止めることができなかったのですよ。なんとなく自分以外の誰かに原因があるんじゃないかと思ってても確信が持てないからあまり口に言えなかったんですね。ここ最近は誰が空気読めてないのかがわかるようになってきていろいろと発言もできるようになってきました。

今年一番の収穫ですね。それまでは自分個人のドラムのことばっかり考えていた。が、ここ最近はあるバンドを通じてバンド全体を良くしていくことを考える感じでした。これってすごく重要なことで、本当に周りができる人ばかりならただ叩くだけでもいいんですが、周りが頼りないと自分から声をかけていかないとだめなんですよ。ダメならダメっておれが言うべきなんだなって。うちのげんやくんは思っても全く口にしないタイプなんですが、おれが本来発言するべきだからなのかなってねw

「努力」って言葉ほど、相手を努力させなくする言葉はないように最近思います。そんな言葉を100回投げつけるより、「天才」って100回言ってあげた方が伸びる子だっているでしょう。まぁ人によりけりでしょうけど、いつでも自分の言葉には責任を持っていたいですね。

これって難しい問題ですよね。教育心理学を勉強すればいいのかな。「努力」ってやりたくないことを無理矢理押し付けるイメージがおれにはあって、そうじゃなくて、自分からやる気持ちになるようにすること(なること)が大事なんですよね。だから「努力」って言葉は正直嫌いです。「努力」って言葉を他人にぶつけても相手はそういう風にはならないでしょうから。

要するに言葉選びの問題なんだと。相手に「努力」したほうがいいよって話をするんじゃなくて、自分が「努力」したって話をするのならいいんじゃないですかね。

あと今日はスティックの違いがはっきりとわかりました。いつも使ってるのはパールなんですが、ずっとお蔵入りしていたプロマークを使ってみたらこれがいいのなんのって。やっぱりスティックは音で選ぶんですね。これからいろいろ試してみようと思います。

おれが使ってるプロマークのスティックはパットトーピーのシグネチャーなんですが、普通に良いです。折れちゃいましたがまた買います。スティックはそんなに多くの種類を試したというのではないので(なんせ種類が多すぎるものでw)まとめ記事を書けそうにはないんですが・・・。

ここ最近ずっと自分の音にばかり意識が向いています。音の良さ。それが今の自分の武器だと思うし。もっと高めるべき所でもあるんじゃないかと。
基本的にバンドで演奏している時は自分のドラムの音を聞いています。周りの音は意識して聞くより無意識的に聞いた方がうまく合わせられる気がします。だから一番に自分のドラムに集中します。

「無意識で聞く=体で聞く」いわゆる身体共鳴なのかなぁ。そんな立派なもんが自分にできてるか確かめる術は知りませんが。

要するに「ドラムに合わせるのはもちろんだが、ドラムは合わせやすいプレイを心がける」ってことなんですが、ヒントになったのはhideベストを久々に聞いてドラムにあるちょっとした印象が感じ取れたことですね。重いようで軽い・・・あのなんとも言えない感じがとても高級感というか、上品なものに感じられたんですよ。重いけど遅くないとも言えますね。

最近だとaikoが新しいアルバム出しましたよね。あのドラム、やばい上手いです。あんな感じです。

自分の使用するP122TWだと片足だけではキツイ。今のペダルの問題点として、その軽すぎるという点と、ある人に片づけを任せたらネジが壊れてしまい、演奏中にビーたーが外れやすくなっている点。まぁネジの件は自業自得なのですが、新品のハードウェアはとにかくネジの締めすぎに注意しましょう。センスのない人はとにかくキツく締めればいいと勘違いされているようで、おかげでネジ(内部)がぶっ壊れて緩みやすくなります。これに気をつければハードウェア自体も長持ちします。いや、確かにスタジオに置いてあるボロイのはめっちゃ締めないと締まんないですよ。でもそうやって何度もやってると余計に締まらなくなってくる悪循環、つまり最初にぶっ壊さなきゃいいんです。

というわけで明日新ペダル届きますwあと10時間くらいかwwwそのうち関連した記事を書くと思います。

この時の足技の問題はすでに解決していて、ビーターの緩みも曲の合間に締め直すなどしていれば問題なかったので正直な所手に入れるのはまだまだ先でいいと思っていたんですが、後輩に急に売ってくれと頼まれたのでかわいい後輩のため急遽、スネアの購入を後回しにすることに。問題はライブ直前でしかも未知の領域・偏芯カムなのでほとんどバクチ勝負をすることになってしまうというw不安で仕方ありませんw

単純に何が良いか悪いかは本人が使ってみて決めることですよね。なのでそういう直感的な記述はほとんどなしにして、スペックの観点のみでデータ化しました。同じメーカーでも違いがあり、ラインナップの構成はどのメーカーも似通ったものになっています。こういう観点でお店で試すペダルの種類を絞って、その中から試奏して良いと思ったものを買うと良いと思います。

そうなんです。同じタイプが各社あるので、ペダル購入を検討されている方はメーカー間の比較を積極的にやってみてはどうでしょうか。

その中でどのタイプも再現できるチェンジャブルカムなパールのペダルはすごいと思うんですが、どのカムの時も同じタイプの他社のペダルに負けてるみたいに言われてしまっているのがいたたまれないですね。

まぁ精度でいったら結局DWかAXISなんでしょうね。

ライブ時の返しは特に自分の音が一番聞こえるように、要するにスタジオ練習時と同じような感じがベストですね。間違いない!w

うん間違いない!w自分の音が聞こえないのはキツイです。そこらへんドラムの返しについてはPAにどんどん注文するべきです。ちょっと聞こえないだけで音量があまり出ていないと感じてしまい、力んでプレイしてしまうんですよ。しかしそれではいい音が出せそうにありません。(マイクに通すのに音がどうとか言ってられないかもですがw)思えばこのことに気づくのが遅すぎたな~。

一番良いのは人が叩いてるのを見ることだと思うんですよ。1人引きこもってコソコソ叩いてるより外へ出ていろんな世界を知ることの方が大きいと。でもたまにそういった世界を知らないことが返って武器になることもある、とも思うんですよね。外へ出て知ったことが返って可能性を狭めてしまう場合っていうんですかね。どっちやねんってことになる気がしますが、まぁバランスが大事ってことなんですかね。

「こんなのできるはずがない」と思っていたことを誰かがやってるのをじかに見ることがかなり自分にとって大きかったですね。ただあまりに見るプレイヤーのレベルが高すぎると・・・w

理想のスネアの音!いや、ドラム選びの話ではなく、今回は叩き方の話です。昔の中村達也のようなあのスパァン!て感じの音が気持ちよくて、ずっと出したかったのですが今日めっちゃ久しぶりに学校で叩いたら出ましたよ~。ちょっと感激です。実は自覚なく出せていた時期があって、その頃のライブの音源を聞いて「おれ下手になったのかな( ̄▽ ̄;)」なんて思ったりしてましたが、これで解決です。

その頃のライブ音源です。
実は未だに波があります・・・。

周りに同調しながら自分を出すっていうんですかね。それをやろうとしない人は周りの和を崩してでも自分を出すのでやっかいです。タチが悪いのはそういう人に限って勘違いされやすいんですよ。その人の音だけを聞いたらかなりまともに聞こえるから。全体的に聞いたら最悪で、それで「そいつだけ上手い」みたいに言われると。まぁその原理がわかっているので今更そういうことは気になどしませんが、ドラマーはそういう現実を知り、責任を持ってバンドを良くしていかないといけないってことを自覚しないといかんわけですねぇ。

そういう問題児はどうすればいいんですかねぇw

ドラムを叩いてる時に左足をトントン動かすのはまさしくエモーションだと思います。トントン踏まなきゃエモーションじゃないとは言ってませんので念のため。あれはリズムキープじゃないと思うんですよ。そう思ってやってる人は周りに結構いますが。きっとどっかの日本人ドラマーが海外ドラマーのそういう様を見て「あれでリズムキープしている」なんて勘違いしたんでしょうね。あんなんでリズムキープできるかっっていうか、する必要あるかっつのwそれを真に受けて真剣に左足を踏んでる人には「自然に動く」ということをぜひ経験してほしいですね。

もうかなり最近のものなのでそんなに書き加えることも思いつかないんですが、結構電車に乗ってる時なんかにイメージしてても左足を動かしながらやるんですよ。なんか楽しいんですかねwまぁダンスを踊るようなもんだと思えば。

だいぶ力の入ったエントリーになってしまいましたがいかがだったでしょうかw

自分はまだまだ発展途上で、これからもまた今より上手くなっていくんだと思います。こうして振り返ってみて言えることは、悩みはいつか必ず解決する。そしておれはこれからもずっと叩き続けるってことだと思います。

とりあえず現時点でFC2で書き始めてから2年半ぐらいなのでまた総集編をやるのは今から2年半後かwその時の自分が今の自分をどういう風に見るか楽しみですね。

なにはともあれ、最後まで読んでいただきありがとうございます( ̄▽ ̄ )

テーマ: ドラマー

ジャンル: 音楽

DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/96-aa161653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。