カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

明確な差 

ハードロックやパンク聞いてる初心者が上手いのはたぶん「何もない」からだと思います。メロディがまるでメロディじゃなかったり、基本刻んでるだけだったり、普通に聞いたら退屈なんですよ。それでずっと聞いてるとリズム的な発見があるんですよね。メロディが強調されるといつまでもメロディしか聞かないし、ギターリフしか聞かない。だから上手い演奏を聴いてたとしても人によってはそういう所は聞かなかったりする場合があるんですよ。いろいろな人と合わせててドラムにしっかりついてくる人とそうでない人に別れるのをすごく感じるんで。

部内にすごくいいバンドがあって、自分のバンドを差し置いてOB会にはそいつらを出そうと思ってるくらいなんですが、何が魅力なのか考えたんですよ。やっぱり前の連中がすごいドラムに忠実で、合わせることを知ってるなって。周りに同調しながら自分を出すっていうんですかね。それをやろうとしない人は周りの和を崩してでも自分を出すのでやっかいです。タチが悪いのはそういう人に限って勘違いされやすいんですよ。その人の音だけを聞いたらかなりまともに聞こえるから。全体的に聞いたら最悪で、それで「そいつだけ上手い」みたいに言われると。まぁその原理がわかっているので今更そういうことは気になどしませんが、ドラマーはそういう現実を知り、責任を持ってバンドを良くしていかないといけないってことを自覚しないといかんわけですねぇ。

話は変わりますが前のエントリーで、「バンドは基本的に実力を上げる目的でやってるので曲は別になんでも良かった」なんてこと書いてますが、おれはこの姿勢でバンドやってて本当に良かったと思ってます。今組んでる中で一番好きなバンドは正直曲の何がいいのかわからなくて誘われるがままにやってたバンドなんで。「よくわからないし、忙しいからやめときます」なんて断ってたらおれの実力も視野も今の半分にも満たなかったと思いますね。この前なんか飲みの席なんですが久しぶりに全員そろったことがあって、話とか聞いててみんながバンドをすごい好きなのが感じ取れたのでうれしかったですね。たまに誘っても「音源聞いてみて気に入らなかったからやらない」って人がいますが、そういう人に限って大して伸びないのを見てるとやっぱりって思いますしね。

テーマ: バンド活動♪

ジャンル: 音楽

DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/92-13acc56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。