FC2ブログ

振り返ったり抱負だったり

機材的にはスネアを1台残して全部売って、そして4台買って現在5台所有というわけのわからない感じ(詳細は自己紹介へ)。とは言ってもこれまでは興味や好奇心だったりファン心理的な部分が大いにあったのに対し、今年買ったものは実用性というか必要性で買い足していった感じなので、良くも悪くも現場的。思い入れのある感じとは違うものの、手放す時はドラム引退する時だろうと。来年は機材購入は落ち着くと思ってます。シンバルやペダルなんかは全然買わなかったし。もう今のラインナップで確定なんですよね。ペダルやシンバルはライブでもストレスなくやらせてもらってて、使い分けの必要性も感じない。そういう意味で機材面では体勢が固まった感じはあるかもしれませんね。

音楽活動的には、これまでセッションだけだったベースやギターボーカルでライブをやったりして周りからかなりマルチプレーヤー的に見られるようになって来ました。好き勝手にやりたいことを実現していくっていう意味では今年一番濃かったですね。最初は自分と相棒がバンドを立ち上げる形(相棒のワガママに答える形とも)でやってたのがギターやベースで声掛けられるようになったあたり、相棒に引っ張ってもらった感がありますね。

一緒に組む人のレベルが上がっている感じはあるので、今年はもっといい感じのライブをしていける期待はあります。練習不足になると良くないので、忙しすぎないようにバランスをとって行きたいですね。

プレイ的には、まずグリップが変わりました。これはここ数年なかったくらいの変化ですね。親指を力点としていたところを、親指以外を力点、親指を支点っていうイメージにしたところ(結果としては結局逆の関係なのかもしれませんが)、早いストロークが楽になって、グリップがさらにオープンになることで音もより表情豊かになったと思います。そうそう、自分は基本的に褒められなくてもいいと思ってやっているというか、細かい自分の上達は基本的に周りは気付かないのが普通だと思ってます。最初から上手いと認知されてると同じ上手いことに変わりなくてインパクトないっていうのもあるのかもしれないし、どっちかというと褒める側の立場みたいになってるからなのかもしれないし、わからないですが、このグリップの変化に気付いた人がいてビビりましたね。そうやって見れてくれてる人がいるっていう縁も去年からなのかな。あとは機材でも良さに気付いてくれた人がいたり(目の付け所が良かった!)。つくづく環境は変わったと思いますね。フットワークなんですが、これはまだ研究中な感じですがかかと・つま先・つま先っていう感じのトリプルストロークでそれなりの音量で安定して踏めるようになってきてて、かかとの時の踏み方はこれまでやってこなかった感じなんですけど、これを応用してもっといろいろ出来るようになるんじゃないかと。今年の課題ですね。

開発したグルーヴのメソッドの布教は状況が良くなったのもあり、一旦落ち着こうと思います。一人一人対話していくっていうアプローチでもやる人やらない人分かれるので、だんだん疲れてきたっていうのもあるんですがwやる人はやるしやらない人はやらないって感じですね。これの実効性を理解するのに人によっては結構やり込みが必要だなっていうのは感じていたので、やってみてもピンと来る前にやめてしまうのかなと。教え導くのは簡単じゃないですね~。

Comment

Name - さくら  

Title - 

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2018.01.01 Mon 02:05
Edit | Reply |  

Add your comment