カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

今時ドラムってアナログすぎるよな。 

今回はいろんな小さな話題を。

2度目のリファレンスピュア遭遇。前回記事を見ていただけるとわかりますが、1回目はあまりいい印象じゃなかったです。しかし今回はむしろかなり好感が持てました。
気になっていたフープの歪みはなく、チューニングはダイキャストにやるように楽な感じでしたね。シェルの堅さなんかも、1曲叩いたら途端に鳴り出して、全く気にならないどころか、気持ちのいいタイトささえありました。レスポンスの速さにも一役買っていたと思います。結構新しめのキットだったので、状態が良かったのかも知れませんし、1回目に遭遇したやつがロット的に精度低かったというだけかも知れませんし、あるいは部屋の広さによる聞こえ方の違いとも思えますね。
自分はいつも打面をギリギリまで緩めてアタックを出すんですが、マイルドになりがちなファットトーンフープには相性のいいチューニングかもしれません。なんだかんだいって玄人向けなドラムなのかもしれませんね。

バーみたいな所でセッションがある時はもう割り切ってスティックしか持っていかないんですけど(せまいので)、そうすると置いてあるスネアを使うわけです。で、置いてあるスネアで結構多いと思ったのが、ボトムヘッドが均一に張られてないこと。基本的にかなり張ってはいても、テンションが均等でないときれいに音が広がらず、スナッピーの反応が大雑把になってしまうんですね。あの感じが苦手だったな~。裏ヘッドはすぐ穴も空きやすいし、表より頻繁に張り替える必要ありますよね。そういうスネアと出会った場合は一度全部緩めて均等に張り直すしかなさそうです。1回ピンと張ってあると微調整ではどうにもならないっぽいですね。1回伸びてしまっている状態ですしね。

で、張り直してみて、反応は自然になったんですが、今度は胴鳴りに負けてしまうという・・・。ごく普通のスチールスネアだったので通常こうはならないんですが、そのスネア、両サイドにボルトタイトが付いてたんでそれが原因ですね。ボルトタイトをスネアサイド側に付けると、過剰に胴鳴りしてしまうんですよ。これが原因で無駄にレンジが広がって、全体としてミッドレンジがぼやけてしまうと、ライブハウスでもモニタリングしづらくなってしまいます。生音で充分に聞けるライブバーだから問題なかったですが、ちょっと胴鳴りしすぎやな~と。もっとパンパンに張れば良かったな・・・。ボルトタイトがスネア激鳴りツールなのは間違いないので、ボトム使う際はスネアとの相性ですね。

そのスネアに付いていたんですが、ラディックのスナッピー・・・某楽器店ではかなり評価してますが正直自分はあまり・・・。反応が大雑把で、パールのハイカーボンスナッピーをいくらか高級感ある感じにしたっていう印象ですね。ピュアサウンドカスタムのメッキありバージョン的な・・・。自分だったらここまで立ち上がりが早くなくてもいいからもっと繊細さがほしいですかね。リムショットの時ももっとまとまりを感じさせるような・・・、自分の中ではやっぱりソナーとグレッチかな~。あとピュアサウンドのカスタムプロも良かったですね。トーンはカスタムにくらべると地味になっちゃいましたが・・・。こういうタイプのスナッピーの魅力はザラッと粒ぞろいの均等な感じが魅力ですね。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/325-ac468849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。