カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

マシュマロみたいにふわっふわっ 

先日たまたま初めてパールのリファレンスピュアの置いてある部屋に遭遇できたので感想を。

やはり注目すべきはトーン。若干ミッドレンジに山がありつつも、ありすぎずパールとしての原型を保った感じです。これは上手いバランスのとり方だと思いました。ヴィンテージ楽器のようなある程度指向性を持った特徴に現代らしく安定感を持たせれば実はマイク乗りもいいというのは1つの発見ですね。でもちゃんとパールの音をしています。マスターズがちょっとチューニングされたような印象ですね。

確かに自分はグレッチやヤマハのような中低域にピークをもったドラムは好きですが、スタジオに相応しいのはそういう濃いキャラじゃなく、誰にでも・どんなジャンルでも受けいられるような中間的なサウンドであるべきと思います。やはりそうなるとスッキリした明るい感じのメイプルがいいと思うのですが、DWやサカエはハードウェアが重い影響でちょっと重苦しく、パールに取って代わるとはちょっと思えないですね。そう考えるとパールを脅かす存在ってもしかして今のところないのかもしれません。

薄くしたシェルとフープによってこのような特徴が出るようになったんだと思いますが、気になるのはファットトーンフープの精度の低さまで露骨に音に出ていること。いかにもアジア産らしい精度の低い楽器のような印象を同時に持ちました。高さが均等じゃなかったり真円度が低かったり等ですね。スネアにファットトーンフープを付けてみたことがあるのですが、その時も付けるときに部分的にボルトが届かなくて無理やりはめた記憶があります。確かに薄いフープで変形もしやすいのですが、おそらく出荷時でもちゃんとした状態で出せてないんじゃないですかね。まぁプレスフープなことには変わらないし、こういうものなんだろうな~。でもこれの精度が高かったらどんなに良くなっていたかと思うとちょっと勿体無い気がします。プレスフープは2.3mmがすっかり主流ですが、薄いフープではそういう限界があるのかもしれません。

もう1つ気になるのは、ラグやフープによってオープンなサウンドになったことで、シェルの硬さもかなり感じるようになったこと。シェルももっとふくよかになれば、かなり組み合わせ的にオイシイ感じになる気がします。等厚材っていうのがどういうものなのかわからないんですけど、単に圧縮して薄くしたということなら、かなりシェルの剛性が高くなっているのではないでしょうか。組み合わせ的にはメイプルとマホガニーなので、その2つを組み合わせたってだけでそんな硬くなることはないような気がするので・・・。ただ離れたところから聞く分にはこれぐらい硬い方がいいのかもしれません。

いい音にするなら裏も表も念入りにチューニングが必要と思いましたね。あんまり大雑把にというわけにはいかない気がします。シェーン・ガラースはB'zのツアーでクリアーヘッドにしていましたが、確かにシェルがタイトなのでピンストライプよりそっちの方が相性が良さそうです。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/324-96271e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。