カッパパールンパッパー

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

世界の選択 

楽器メーカー一連の流行ってどこから生まれてくるものなんでしょうね。ついにグレッチからも出たポプラ混合シェルみたいな新開発(?)シェル的なものは、ケラーとかのシェルメーカーが「こういうのできたんですがどうですか?」って持ちかけたりしてくると聞いたことがあります。あと近年盛んだったのは高精度ダブルチェーンペダルの一新とメーカー独自フープですかね。ペダルはそれが落ち着いて今はシンプルなシングルペダルが見直されてるみたいな傾向。フープはプレスフープでタイトな方向性のものが。全体で言えることは60~70年代への回帰といったところでしょうか。

SAKAEなんかは最初からマイティヘイローフープという、内曲げのトリプルフランジフープを最初から出してたし、TAMAはスターフォニックからグルーヴドフープというシングルフランジフープが。Pearlもリファレンスピュアから180度内曲げのファットトーンフープ、CANOPUSからはハイエッジフープ(エッジを高くして指向性を高めたトリプルフランジフープ)やラウンドエッジフープ(内曲げトリプルフランジフープ)、DWからはトゥルーフープ(ダイキャストフープ以上の重量のトリプルフランジフープ)、最後はグレッチ、302ダブルフランジフープ。

いずれもタイトさ、輪郭、縦抜けを確保しつつ、ダイキャストフープだとスポイルされがちな中音域のオープンさを狙ったもので、ヴィンテージというか、60年代~70年代のドラムへの回帰っていう流れがあるんですよね。技術の高まりから真円度の高いシェルを作れるようになり、大音量でレンジの広いドラムに進化していくに従い、全体的にはドンシャリ傾向でコンプレッション感の強いドラムばかりになってしまった。それでヴィンテージ楽器への注目が高まってきて、メーカー側も確かな中音域があればそれで充分伝わるんだって思い直したかのよう。グレッチのダブルフランジフープはいかにもグレッチらしいですね。内曲げプレスフープだとシェルに負けてしまう(笑)

自分の持ってる70年代のグレッチもスリンガーランドもシェルについてはエッジ精度や真円度がお粗末なおかげで、チューニング範囲が限られてるんですけど、ちゃんとチューニングさえ決まれば、迫力こそあまりなくても必要最低限の音がしっかり出て、しかもそれがやたらいい音がなんですよね。だからしっかりと伝わるし、それで充分だっていう。その音になれちゃうとソナーのビーチを叩こうものならすぐ食傷気味になっちゃうという(笑)

自分の場合、月1以上のペースでライブを繰り返していたおかげで楽器の本当の実力が見えてきた部分があって、グレッチにたどり着いたり、ヴィンテージに目覚めたりしたんですが、現場で本当に使える楽器が何なのか、自分だけじゃなくて、ドラマー全体の意識が中低域(芯)と中高域(輪郭)の重要性に向かっていってたのかもしれないなぁ~なんて思う今日この頃です。

LB416なんかも20万円が相場の70年代のやつは音がまとまってたのに現行品はやたら暴れてしまうということで、ダイキャストフープのやつが出てるくらいですからね。下手に真円度の高いシェルを作れるようになってしまったために、指向性フープの開発という打開策を見出した。これがよかったので、最初はどこだかわからないけど、みんな後から続いたんでしょう。一方でシェルのエッジ折り曲げ自体をなくしたダネットや風変わりなエッジ形状で輪郭を確保したC&Cみたいに、フープはそのままにシェルを工夫して輪郭を確保っていうアプローチをするメーカーもあったりでいろいろおもしろいですね~。
SNARE  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://blju.net/url/tyhrty

URL | まゆみ #-

2013/01/29 21:36 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/310-62aa53df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。