カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ライブハウスの選び方を考える 

この前のライブで実感したのはモニタリングがいかに重要かってことですね。今まで、ライブハウスの返りの悪さは宿命と思って諦めてた部分があったんですが、これが良くなるだけで本当にやりやすさが違うな~と最近のライブでは実感しています。

前のエントリーで書いた「互いに反応し合うプレイ」というのはもちろん、自分以外のプレーヤーの音が聞こえる環境というのが前提なわけで、ライブハウスのアンプの配置だと当然そのままでは聞こえませんから、モニタースピーカーから他のプレーヤーや自分の音をバランス良く返してもらうのが重要になってくるということになります。ドラムにしても、ライブハウスの壁に防音材が敷き詰められた環境はスタジオ以上に生音の返りがないので、モニターで補ってもらわないときついんですよね。

どこまでヴォリュームを上げられるかっていうPAのポテンシャルはすごく重要なわけで、ハコ選びにも一番重要な要素なはずなんですが、あまりそういう情報ってネットで共有されないのが不思議だな~と感じています。なんかこの辺はハコによって理不尽な目に合っている人もいるようで(PAに音を下げろって言われて実際外音で全く聞こえなくなってしまっているとか)そういうPAの対応力の良さ悪さはみんな気になる所なはずなんだけどな~。

次に気にしたいのがドラムとベースアンプだと思ってます。ドラムはメーカーでどうこうじゃなくて、パールだったらマスターズ以上、タマだったらブビンガ、みたいな感じでドラマーがこだわりを持った方がいいでしょうね。自分の中ではパールでもエクスポートとかビジョンっていうシリーズの音は頼りない感じで(最近だとスタジオでもマスターズやリファレンスしか見かけませんもんね・・・)、PAの腕にかかってくる部分があると思います。実際そういうドラムが置いてある所でやった時にいいライブができたりとかあるので、最終的にはPAなわけです。(でも外音的にはやっぱり安いドラムというのが音に出ますね。まぁ自分はあまり気にしてませんが・・・)

ちょっと話逸れます。安い楽器でも達人ならいい音で弾けるというのはもちろんそうなんですが、安い・高いっていう基準は取り除いた方がいいと思ってます。例えばカノープスのドラムはコンプレッション感が強いから誰が叩いてもいい音が出やすいけど、一方でダイナミクスの表現幅は狭くなってしまうとか、楽器に対してそういう見方もあるので一概に言えないということです。誰が弾いてもいい音のするギターと高いポテンシャルを持っているギターというのは違うし、それらの度合いが楽器の優劣になってくるということです。カノープスはレコードやCDの音を基準に考えてるメーカーなのでそういう傾向があるわけで、人によってメーカーの好み(=サウンドコンセプト)が変わってくるのは当然あるわけですね。

さらに言うとライブハウスによってはドラムにコンプレッサーをやけにガッツリかますハコもあるわけで、そうなるとバスドラなんかが音圧ばっかりでぼやけてしまいスッカスカな音になってしまってたりもするので、やはりPAにかかっている部分が多かったりしますね。

ベースはプリアンプ持っててもやはりベースアンプの影響が大きくて、アンプによってプリアンプのつまみも変わってくると感じています。そうなると普段の練習からつまみの決め位置を固定しても無駄なわけで、どういう音にしたいかっていうのが明確じゃないと意味がなくなってきますね。そういう意味では選んでもしょうがないでしょうけど、いや~ハートキーはロックに向かないよな~。スラップ多用する人にはいいんだろうけど・・・。

ここまで書いておいてなんですが、何よりもモニタリングはリハで自分達がどこまで徹底してやれるかということが重要です。充分な時間をもってリハさせてくれるかというのもそうですが、そこで問われるのは自分達の耳と判断力ですね。特に外音が跳ね返ってくる音でしっかり音が返ってると勘違いしないよう、スピーカーからの音に集中して、ちゃんと指示が出せるか。最初からベストな返しを提供してくれるというものではないですから。これは慣れていくしかないでしょうね。
LIVE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/297-f1c539e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。