FC2ブログ

2011年を振り返って

本当にいろいろあった年ですが、個人的にもずっと嵐のような1年でした。例年以上に虐げられ、鍛えられたような1年でした。それでいて、結果の方は一向についてこないという・・・。そんな中、ひたすら前向きになるように努めた気がします。この1年でとにかく強くなった気がしますし、ドラミングもだいぶ安定したというか、ひとまず完成を見た気がします。機材も一通りそろいました。役者が揃ったって感じです。

何より音楽に対する向き合い方が変わった気がしています。自分にとっての人生のリベンジというだけでなく、本物を届けるという使命感のようなものが生まれた気がします。そして本当に試されるのは来年だとも思っています。本物のプレーヤー達が出会い、結束するその時に自分がそこにいるかどうか。チャンスでもあり、音楽の道を諦めるきっかけにもなりえます。そのためにこの2年間、ただただ苦しんできたのだと思います。何度も死にたい気持ちにされられましたが、それでも一人進み続けた、意味のある時間であったことを願います。結果がなければ、これだけのことをやっても意味がない。どれだけ自身を高めても、何も残さないのであれば何の意味があるというのでしょう。

時代の変わり目といってもいいこの時期、来年は音楽にも必ず変化が起こる。

Comment

Add your comment