FC2ブログ

考えれば考えるほど辛い

今日はあるコピーバンドのワンマン見に行きました。いや~良かったですよ。プライドの高いバンドマンはコピーバンド=オ●ニーぐらいに思っているかもしれませんが、(まぁオリジナルだろうと評価されないうちは同じと思いますが)今日見たバンドに限って言えば、お客さんに喜んでもらうライブをやっていたと思います。そのアーティストさんはもう亡くなっていて、そのアーティストのファンなんかが地方から見に来てたりして、ある種責任みたいなものが勝手にできてしまっていると思うんですよ。好きでコピーやってるはずなのに変な話なんですけどね。そういうがっかりさせたくないっていう責任感をしっかり感じて逃げないでやったものが出ていたと思います。

そういう意識の高い人たちで集まるというだけでこれだけ質の高いライブができるんだということがわかります。アーティストのファンで見に行った人もまた見たいと思うだろうし、支持する人は今後増えていくのではないでしょうか。仕事をしながらの趣味でも、そういうことができるっていうのは本当凄いことだと思います。

人を感動させるのは本物志向であってこそだと思っています。まぐれ当たりを祈りながらやってるうちは成功しないし、成功する世の中であってほしくないですよね。別に趣味レベルならいいですが、上を目指すにも関わらず、許してほしいと思ってやってる人たちとはやりたくないというのが自分の本音です。音一つ外すことがどれだけの人の縦揺れを止めるか、そういったライブを見る人の視点。自分がちやほやされたいだけの人と、単なるコピーバンドでもそういう視点を持ってる人ではライブに雲泥の差があるってことですね。

Comment

Add your comment