カッパパールンパッパー

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

天国に行けない男 

先日ハイハットシンバルを注文しました。今所有しているのはKカスタムダークハイハット。もうずっと持ってってないですね。確かに心地良い音するんですが、自分の好みが今ははっきりとしていて、そのニーズから外れてしまっているというのが現状です。

グレッチだったり、チタンビーターだったり、ベイタースティックだったり、明確な輪郭によってリズムを際立たせたいというのが今の自分の楽器に求める最大要素です。もちろんアタックだけ全面に出てもボトムがスカスカでは行けませんから、タイコだったらグレッチやヤマハがいいんですね。

じゃあシンバルはどうでしょうか。やはり同じようなどっしりとした芯というのも前提なので、自然とセイビアンAAフリークになってしまうわけです。この前叩いたパイステもジルジャンも自分からしたらどこか頼りなく、叩きがいがない。ダイナミクスレンジはAジルの方が優れているし、高域の美しさはパイステ2002が圧勝なのは言うまでもないのですが、”芯”が前提である以上、スタジオのシンバルがセイビアンAAだと自分は大喜びなんです。

クラッシュシンバルだけなら”芯”という話だけで選択が出来るのですが、ハイハットやライドなどのリズムシンバルについてはタイコ同様にアタックも重要になってきます。ジルジャンはこれが弱い、パイステは条件を満たしているようでやはり芯が細い、結局セイビアンAAのロックハッツが今のところ一番という感じです。自分の所有するKカスタムダークハイハットも柔らかい立ち上がりなのでアタックという条件を満たせませんでした。大音量のロックでも音抜けしていて購入した当時は魅力を感じていたんですけど、クローズがもっと際立って欲しいという不満が今ではあります。

じゃあ今回注文したのはセイビアンAAかというと、あえてそれをやめてみました。持ち込んでみてもスタジオに同じのがあったら面白くないしwどうせ持ち込むならライブでもっと個性が立って目立つものがいい。つまりよりアタックを重視し、アグレッシブでかつ珍しいサウンドのシンバルに手を出してみたいと思ったのです。

サウンドはYoutubeでいろいろ聞いてはみましたがやはり実物を叩かないとわかりようがないですね。強力なサウンド&響きなのは間違いないと思いますが、問題は芯の方、一応パワフルなシリーズみたいだし、この賭けが当たることを祈ります。

本当は試奏したかったんですが、忙しすぎて楽器屋いけません。ライブも近いですし、それでも他にもたくさん候補があるなかで生き残ったので、自分のリサーチが正しいと信じています。
CYMBAL  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/286-76bc2483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top