カッパパールンパッパー

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

笑い飛ばせる気力を 心に光る勲章を 

今日はB'zセッションに参加してきました。セッティングが見た目的によく出来てて写真撮りたかったんですが、入れ替えも慌しく無理でした。とにかくいろんな収穫があったので書き留めときます。

今メインのバンドで利用してるスタジオは狭くて、普段クラッシュとライドの間ぐらいの配置に置くチャイナシンバルをハイスタの恒岡さんのように右クラッシュの左脇に移動していて、そっちで慣れてしまったかもと思って今回のセッションでもツネさんポジションにしたのですが、この方が右が狭苦しくないし、左右非対称のルックスが結構いいので、今後この位置で行こうと思いました。

今日のセットはパールのリファレンス。リファレンス自体はいろんなスタジオで叩いてるのですが、今回新鮮だったのはタム類のヘッドがコーテッド・・・。正直ヴィンテージ的な路線というか、60年代の音を狙うなら最適でしょうが、現代ロックとは合わないですね。自分のメタルチューニングもやろうとしてちょっと緩めたらすぐバインバインになったので諦めました。思えばピンストライプというヘッドはあのストライプ故にチューニングがしやすいのかもしれません。バスドラだけ逆にピンストで、特にチューニングしなかったけどすごく良かったですね。池袋ペンタで叩いたリファレンスと違って芯がしっかりしてました。

驚いたのはシンバルはパイステ2002で統一しているという!ずいぶん太っ腹なスタジオだことw自分の持ち込みシンバルを足すとAジルスプラッシュが浮いててなんだか見慣れない光景wオールパイステとなるとさすがに初めてだったのでいい体験でした。パイステ2002の肝心のサウンドですが、確かにあの高域は気持ちいいですが、自分的にはスカスカとも思えてしまう。繊細な表現なんかも抜群のレスポンスですごいいいんですけどね。これくらいの繊細さとセイビアンAAばりのパワフルさがあるのが自分の中の理想かも。HHXだとちょっと芯が足りないんだよな~。なんかめっちゃわがままですね。

今回アクシスのシンバルスタンド持って行きました。いや~とにかく軽い。プロテクションラケットのうっすいハードウェアケース(クッションとか、固定ベルトとかそういうのが何もないw)で背中にしょっても全然苦痛じゃないw肝心のサウンドは、軽いだけに重厚さはあまり出ないですが、やっぱりハイの開放感に尽きるかと。いやいや、もうちょっと使ってみて結論出します。

そういえば1曲だけスタジオのセッティングのままでやったんですが、例の20プライのスネア、初めてちゃんと叩いた気がします。リムショットするとすっごいスチールとかのスネアを叩いたような響き。すごく固くてメイプルの温かみみたいなのはあまりなかったですね。木胴で作る意味があるんだろうか・・・。見た目は超カッコイイですが、まぁ自分はいいです。

今回かなり音を吸う部屋だったので、グレッチG4160HBの良さは最大限は活かせなかったと思いますが、それでも高剛性リムショットでガッシリ引き締まっていい感じでした。やっぱタッチって大事ですね。いろんな人がグルーヴグルーヴっていうけど、ドラムの良し悪しを決める最大の要素はダイナミクスだと最近は思っています。・・・今日はこの辺にしときます。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/285-70e8ed60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。