カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

エンジョイ&エキサイティング 




ついにスタジオ進出の秘密兵器、70年代製#4160!メインのバンドが今3ピースなので、普段使ってるG4160HBだと重すぎかな~と実験的な投入。ほぼ入手時のセッティングでしたが問題ないどころか正解だったと思います。

トーンはやはりHBより上で、明るいという程明るいわけでもなく、すごく中くらいって感じ。軽快で、ある種の普遍性を感じましたね。やはりグレッチならではのコシのあるミドルは健在、一体どうやってこんな音にしてるんだかw

USAなだけあってフープはより固くなったような印象。ガンガンリムショットしてたら前半指が痛かったですが途中から適応できたと思います。サスペンショングリップってやつが重要なんでしょうね。

シェルの折り返しはきれいにU字を描いていて、丸みのある響きに。だけど固いフープで輪郭はしっかり確保。このコリコリ感とミドルの絶妙な組み合わせはHB同様叩いていて気持ちいいです。

HBはトーンの低さからクローズドリムショットがだいぶおとなしくなってしまい。ヤマハのグルーヴウェッジでハイを確保してましたが、#はフープの硬さからか、クローズドリムも際立って高倍音もしっかり鳴ってくれます。グルーヴウェッジいりませんね。

意外だったのは、スナッピーだけはオリジナルじゃなかったので現行グレッチ42本にしたんですが、全然スナッピーが多すぎると感じない。物足りないぐらいでしたね。HBとは低音が強調されて相性悪かったんですが、#とは相性いいですね。42本とは思えない、微塵のルーズさのない絞まりのあるサウンドでした。紐だからか、どんどん緩くなっていく傾向があったのでテープにするかな~。
SNARE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/284-217350bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。