カッパパールンパッパー

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

人生とは終わりのないマラソンである 

2デイライブ終了。やっぱりクラッシュシンバル持ち込むと全然違いますね~。外音的には対して変わらないのかもわからないですが、自分自身に直接返ってくる音っていうのもやっぱり大事だと思うんですよ。気持ちの問題でいいです。とにかくあの反応の良さ。あれぐらいパワフルな方がテンション上がります。イメージ通りの音。まぁ片方はレコーディングも同じやつでしたからね。
グレッチスネアも言うことないです。5インチでこれだけの音が出るんだからハンマードブラスってのはすごいなと。濃厚ですね~。こういうの待ってましたって感じです。ヘッドは換えるかもしれないですね。ちなみにスナッピーはカノープスのバックビートスネアワイヤー(クローム)にしました。今回初投入ですがこれがまたすばらしい。今度詳しく書きますかね。

今はこのバンドでもっと自分の"間"を発揮できるといいんですけど、フロントがまだまだフライング気味なのがな~。いつの間にか自分らしく叩けるバンドは1つもなくなってるわけですが・・・。一緒に組む相手をちゃんと選んで1つ立ち上げたいんですよね。今の環境で全然鍛えられてはいますし、それで成長できてるとは思いますけど、やっぱりそういう高い次元の中で自分の力を存分に発揮したい気持ちはありますよ。
以前ジャズセッションに2回程参加したんですけど、2回目の最後で掴んだと言うか、すごく手ごたえがあって、あの時、久しぶりに何も考えないで純粋に音楽を楽しんでる感じになってましたね。もうずっと忘れてた感覚でしたよ。終わった後でプロのピアニストの方に「プロになったらいいんじゃない?」ということまで言っていただいて、曲やパターンやフレーズをたくさん覚えないと話にならないとはいえ、リズム的には通用するっていうのもわかって励みになりました。今までやってきたことは無駄じゃなかったんだなと。自分の感覚は間違ってなかったんだなと。
今回2日間のライブで考えさせられたことは、いかにアンサンブルの感覚のかけらもなかろうと、自我全開でぶつけあっていくのが一番なんじゃないかっていうこと。それこそのだめカンタービレの千秋様のごとく、うるさく言ったところで感覚的なことは伝わらないわけで。自分がそれに同じレベルで対抗するというか、周りを気にしないで叩くしかないのかなと。そのこと自体今の自分にしてみれば難しいことなんですが・・・。

にしても今日まで本当小さな積み重ねでしたね。これからもそうなんでしょうけど。希望だけは残されてるというか、同じこと繰り返してると思える事でも、新しい方向性を見つけたり、先には繋がっていて、少しずつ前進しているわけで。もう時間がかかってしまうのはしょうがないんでしょうね。それだけはもう気にしちゃいけないんでしょう。
LIVE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/260-78cb717b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。