カッパパールンパッパー

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

引き篭もりたい 引き篭もりたい 引き篭もりたくなる 

Gretsch G4160HB

グレッチ、G4160。の、ハンマードブラスです。早くもメインスネアの座を奪ってくれました。

グレッチについては以前たまたまレコーディングに使ったのがレナウンメイプルのセットだったおかげで、その魅力を知ることができました。ゴツいダイキャストフープとそれに負けない中低域の豊富な音。レナウンメイプルは台湾製ですから、これが本家カスタムシリーズなら完全に気にならなくなるくらい豊富なんでしょうね。いい音だし、他の楽器に負けないしでグレッチはプレイアビリティとサウンドの両立ができていると思います。普通、ダイキャストフープだとがっちりした音の立ち上がりが前面に出てしまい、単に硬い音で終わってしまいがちです。大学の時から2年くらいメインだったメイペックスのブラックパンサーは、今思えばグレッチカスタムを思わせる仕様でしたが、本当にスカンっていう音だけ、乾いているのはいいですけど、中身がスカスカなのが気に食わない。やっぱりシェルで差がついてるんだと思います。そしてこのダイキャストフープの音の輪郭は癖になります。すごくはっきりしていてコツンって感じ。なんだろう、とにかく癖になりますw

ハンマードブラスというチョイスはもう、シェルの中音域を重視しての選択です。おそらくグレッチの中でも最も濃厚だろうと。もうとにかく自分は中低域がないと落ち着かないということが今回わかったので、今度こそは不動の地位を築いてくれることを期待しています。ハイピッチにすると硬くなっちゃうのもボルトタイトで解消。これは大きかったですね。このスネアのためにボルトタイトがあるぐらいに。

今考えているのは他のスネアの位置づけなんですよね。メイペックスブラックパンサー、ポークパイ、メイペックス6半、それにLM400。ポークパイはシングルフランジフープをやめてポップス要員にして、豊富な中音域を今度こそ活かしてもらいたいですね、本当にいいメイプルの音。メイペックス6半は80~90年代ロック要員、音量が心配です。LM400はレッチリなんかの軽い音で問題ないロック系、音はいいんでずっと使っていきたいです。一番かわいそうなのはブラックパンサー・・・この乾いた感じは何かに活かしたいけど、中低音がないのは痛手・・・手離すのは勿体無い気がする。結局所持するスネアがかなりの数になってしまったけれど、手持ち無沙汰になってしまっているのが我ながら情けない。しかもその気になれば今回のグレッチスネアで全てカバーできてしまうかもしれないという・・・_| ̄|○ おそるべしグレッチ。整理しなければならないか・・・。
SNARE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/259-3984d728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top