カッパパールンパッパー

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

10000リットルの鼻水 

カウンターが1万行きましたね~。っていうか、1日に当たり前のように10~20人くらい来ていることに驚きです。結構ドラム関連の言葉でググったらここ引っかかりますもんね。こういうブログ他にほしいんですよね。情報が欲しくて。ギターとかだと大人のおもちゃさんとか、ピックアップ大将さんとか、そういうブログいっぱいあるのにドラムときたらあんまりないんですよね~。自分の機材紹介があって、いいです最高ですぐらいしか書いてないのがほとんどでw購入検討してる身としてはそれじゃあわかんねえんだよっ!ってw

この前DWのトゥルートーンスナッピーをLM400につけてスタジオ入ってみました。なんというか、無難な感じがしましたね。その名の通り、純粋なシェルのサウンドを聞かせるようなレンジの広いサウンドでした。ピュアサウンドのような個性的なタイプとは正反対で、どのタイプのシェルにも合うし、どのジャンルでも問題なく使える。全てのDWコレクターズスネアに標準装備されているというのにも納得がいきます。グレッチのスナッピーも方向性は近いと思うんですけど、メッキしているのとしていないのとで音色は違ってきますから、その辺の好みで使い分けていけばよさそうですね。ラウドに行きたいならグレッチ42本で。相性が良ければピュアサウンドのカスタムやカノープスのバックビートって感じかな~。あくまで自分の中ではですけど。たぶんLM400はピュアサウンドに戻すんですけど、このスナッピーはどこかでまた使っていくと思いますね。

ペダルの話なんですが、最近やっぱり真円がいいってなって、ヤマハのロングペダルのやつかDW8000のロングボードタイプかで検討していて、ちゃんとお店に試奏しにいって買ってこようかなって思ってます。ヤマハは一回通販で買って失敗したって思いましたからね。あんなに面倒くさいやつだとは思わなかったんで。そのラインナップも一新して、取り付け部分は普通にもどったし、いろいろシンプルになって今回は大丈夫そうですね。フェルトビーターはちょっと不安ですがwデーモンでロングボードの味を占めた以上、ボードが長いのは必須条件にしてます。あとは軽くて音が大きいということ。ヤマハのやつはフェルトビーターなんですけど、ビーターをDWにしたらどうなるでしょうか。取り付けられなかったりしてwと、いろいろ思いを巡らせています。休みがほしいw
SNARE  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメント

基本的に他人のレビューなぞアテにならないと思ってます。
 
結局プレイヤーの手によるところが大きいと思うので。

 
スネアなんか、スペックから想像した方がまだマシ、かも・・・(各メーカーはエッジ角の記載もしてくれると嬉しいな)
カノウプスみたいに公式に音源あれば多少嬉しいです。
 
シンバルは、メーカー視聴以上のレビューはないかな、と思います。(ましてやアナトリアンとかマニアックなメーカーのレビューなんて期待してないですし 笑)
 
ペダルなどのハードウェアの類は一番レポ欲しいとこなんですけど(耐久性とかも大事になってくるので)、どうにもネガティブな情報が集まりやすいので、これも、「別にいっか」っていう 笑
 
あ、でもスナッピーの音源テスト(なんとかマガジン)は参考になりました。
スペックじゃほぼ予想出来ない部分なので。

URL | ゆう #8dMjjHhs

2010/03/02 09:00 * edit *

>基本的に他人のレビューなぞアテにならないと思ってます。

アテにならないもなにも、レビュー書く人の精度なんかには最初から期待はしてないんですよ。的外れなことを書いていても、どうしてそう思ったのかっていうところまで分析できれば、それで十分判断材料の1つになるわけです。自分でも今まで書いてて、書いたときと今とで解釈が変わってるっていうのはあるんですよね。逆に検索でここ引っ掛けて来た人にはそういうの見て真に受けないでほしいですね。

その辺は踏まえて情報頭に入れた上で試奏や所有すると、繋がりは感じられますよ。スペックを最初に把握するのは当然やることとして、総合的に分析した方が濃いんですよ。

まぁでも実際某マガジンの新製品コーナーのレビューは不思議と現実味がないですよね。あれは野球のドラフトに似たものがあると思いますw

URL | DAI #-

2010/03/05 01:28 * edit *

>>その辺は踏まえて情報頭に入れた上で試奏や所有すると、繋がりは感じられますよ。

0じゃないにしても、その情報がノイズになるんじゃないかってくらい疑ってるんですよね。自分は。感じ方に対するバイアスになってんじゃないかっていう。
その感じてる繋がりが「そう」だって保障がどこにあるか、占いで自分の1000ある特徴のうち1当たったのと何が違うのか(ちょっと極端か)

「どうしてそう思ったか」まで突っ込んで伝えてくれても、「生で聴かなきゃ信用できん」状態です。
 
もう自分の手で音出してみてニュートラルに感じたレベルでいいじゃないかな、と。
果てにはアンサンブル内でのマスキング+コンプ+ゲート、使用環境、マイクでの味付け・・・
 
ってので最近は変なのじゃなきゃなんでもいいや、、とすら思ってるんでそのへんのいい加減さもあって今みたいになってんのかもしんないです。
それともけっこう今に満足しちゃってるからこういう感覚になってるのか・・・。
 
この辺は「個々のスタンスです」で完結させるしかないんでしょう。
が、「何のために音作ってるのか」ってとこを見失わないようにしたいです(さすがにもう見失わないかなあ)
 
あ、でも叩き手のレビューじゃなく、その周りで演奏してる人がそのタイコ類聴いたレビューなら見てみたいです。
自分のスタンスっていうか感覚って、そういうとこです。


××マガジンのレビューはもうネタとしてしか見れないです。(最近あんま買ってないので状況分かりませんが・・・)

URL | ゆう #8dMjjHhs

2010/03/05 09:21 * edit *

というわけでこれオススメです。

http://blogs.yahoo.co.jp/dstecham/MYBLOG/yblog.html
 
現場の人だと無条件に信用してしまう俺もどうなんだ、って話ですが。。

URL | ゆう #8dMjjHhs

2010/03/05 09:24 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/255-2132ddd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top