FC2ブログ

過去の中身は変えられなくても、過去の意味なら変えられる

サンセットビーチ・スネア

スネアをまた買ってしまいました。最後に買ったのはLM400で丁度去年ぐらいですね。その時点で3台あったからいろんな音楽に使い分けで対応できるってことで、もう買うことはずっとないと思ってましたが、1年ともたなかったwメインで使っているスネアに不満が出てきて、結局買い替えに踏み切ってしまいました。

メインスネアといえばこの前チタンフープを付けたりもしたんですが、結局物足りなかったです。足りないのは中域の押しの強さ。こればっかりはいくらパーツを換えてもどうにもならなかったです。ファイバースキンみたいな中域を強調するヘッドを付けても返って輪郭がぼやけてしまい、高域も削れていいことなし。スエードに張り替えたのは良かったけど、やっぱりごまかしてるレベルなんだと最近気づきました。

フープやスナッピーでいくら音抜けが改善できても、音として手ごたえが感じられないと気持ちはよくない。音の大きさでごまかせば、スタジオなら十分に跳ね返って全体を包み込んでるように聞こえても、開放的なライブハウスという空間では関係なく、どんな音かがはっきりとわかる。結局、純粋な音の良さが問われてしまう。もう、シェルを換えるしかなかったんですね。

このポークパイの8プライ・メイプルはあるライブの時にそれを使っているあるバンドの音を聞いて、負けたと思わされました。自分が目指しているサウンドでもあったし、メイプルのあるべきサウンドでした。あれに対抗するには、と、それ以来思考を重ね、まぁバンドのイメージに会いそうなカラーのものを見つけたのもあり、結局同じものを買うという結論に至ったわけです。そのライブで見たのは5インチで、自分が買ったのは6インチですけどね。

今現在、メインだったスネアに付けていたチタンフープ・イコライザースナッピーをこの新スネアに引越し、一度バンド練習で試しましたが上々です。少なくとも前のよりはいい。でもこいつの真価が発揮するのはライブハウス。スタジオでは音の跳ね返りがあるから音像がぼやけてあんまりわからない。それでも以前のスネアと違って、ふくよかな中域の響きは感じ取れます。心地良く染み渡る、いい音だわ~。

Comment

Add your comment