FC2ブログ

あれは男にわからぬ女心なのかもしれない

前回の写真はレコーディング時に撮ったやつです。今回は納得行かなかった曲の再録ってことで、最初に入ったのと同じスタジオで。最初に入ったのって4月ぐらいなんですが、なまじっか良いものになりそうがために欲が出てこだわってしまい長引いていますwこれは某高級カップラーメンを食べた時の気持ちに似ていて、なまじっか本物のラーメンみたいになってしまったがために、本物のラーメンと比較してしまうという悲しさ・・・。余計な例えはおいといて、かなりの力作になりそうです。あとは他のメンバー次第!

音は統一させようということでペダルはNDでやってますが、最近のスタジオ練習ではもっぱらデーモンドライブを使い、いろいろ試しています。明日あたり様子を見たらちゃんとレポートしたいな~。

最後にドラムヘッドの話。写真の赤いスネア、レコーディング後ですがヘッドを交換したんですよ。もう録らないだろしいいかと思って、トップはレモのスエード、ボトムはレモのフラットタイプ。破れないルネッサンスみたいなのないかなと思ってスエードにしてみたんですが、狙い通りでした。それまで付けていたアクエリアンのカーマインアピスモデルはドンシャリな感じでラウドに抜けていくのに対し、スエードは中域がメインですごく芯があって、木胴らしいサウンド。ルネッサンスになるともう少し高域が出てくるんでしょうね。でもこの程よい温かみはこれでいいどころか、バランスがいいと感じますね。アクエリアンのミディアムヴィンテージよりははっきりとした感じで反応も良く、ロックバンドでも全然いけます。反応がいいのはボトムに貼ったフラットタイプのスネアサイドのおかげなのかもしれませんね。

スネアの音の理想は、この写真のメイプルのスネアについてはベンフォールズファイブのスネアの音。木胴らしく響いていてカランと乾いている感じです。今回のでだいぶ近くなったと思うんですけどまだややウェットな印象かな~。まぁパンク系バンドならあんなもんでいいのかもしれないですね。

Comment

Add your comment