カッパパールンパッパー

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

長く付き合っていける本物は複数存在しない 

ライブ会場の1つ

ライブの感想でも書きますか。

総じて思ったのは、お客のノリ次第でやりやすさが全然違うな~っていう。1週間の間に2度ライブがあったんですが、もう対称的だったんですよね。一方は完全にアウェーって感じなのに対して、もう一方は舞い上がっちゃうような感じ。なんか助けられちゃってるのかな~とも思ったわけですよ。そんなのに調子を左右されてまだまだだな~と。お客のリアクションに左右されない、それでいて空気は読めるってのが理想ですかねぇ。そういうのってハートの強さだと思うんですよ。

ライブでプレイする時はいつも自然体でいたいと思ってます。変に笑顔作りながらとか、無理して動いて見せたりっていうのは絶対嫌で、そういうプレーヤーを見てても微妙だと思う。そういう意味では一方のライブは無理に乗ってた所がありました。自分でそうなっちゃうのが一番嫌だったからでライブ後しばらくは最悪の気分でしたね。

もう1つの方は完成度に自信がなかったせいか最初から諦めみたいな気持ちがあって、それで力が抜けてたのが良かったんでしょうね。次第に集中力が高まって、いつも通りかそれ以上のプレイに個人的にはなってました。気の持ち方としては理想でしたね。

いつも以上に見せようっていう変な欲さえ出なければいい。無理にアピールしたがらなきゃいい。そういう所が自分は未熟だったんですよ。子供だったんですよ。まぁ~2度と同じヘマはしないでしょうね。成長の一番の鍵は最高の自分と最悪の自分を比較することだと思うんですが、今回はそういう機会に恵まれたといっていいです。どんな状況でもただしっかり叩くだけじゃない、ダフでいうところのケミストリーを起こしたいですね。

他バンドについてはこれまたいい刺激だったと思います。
前半で書いた方のライブなんですが、最悪の気分がふっとぶくらいのものがありました。最後の2つのバンドが良かったんですよ。決して個々のテクニックとかじゃない、そのメンツで長くやってるからこそ生まれるような本物の一体感がありました。年に何度も箱でやってるわけじゃないとはいえ、そういう水準のバンドには初めて会ったといっていいです。本当今まで長くやってていろんな技ができるなんてことがバカバカしく思えるくらいでした。ましてやドラムなんて、普通に叩いてりゃいいんですよ。全体として、なんとなく体で音を浴びていてグッとくるものが込み上げてくるようなのがあればね。そんなことはずっと前からわかっていて、意識もしていたつもりだったのに、全くそれができなかった。その上それを他のバンドに見せ付けられてしまったのが悔しくて、それでも爽快な気分だった。こういう心境ははじめてかもしれません。最後から2番目はファンがたくさんいて、完全にホームだったというのもあったけど、最後のバンドなんてもう人が半分以下に減っていて、しかもよくわからないオリジナル曲やってて、個人で印象に残るようなプレーヤーがいないにも関わらず、それでも最後までずっと聞いていたくなる、惹きつけるものがあった。今の世の中個性とかカリスマ性っていうのがもてはやされるけど、それとは正反対の魅力がありました。こういうのもいいなって。長くやってるから生まれるものなんだなって思わされましたね。

今回やった箱で特におもしろかったのはもう一方の方のライブをやったところで、写真のやつなんですが外から見たら家なんですよ。けど中はかなりしっかりしてて、機材もちゃんとそろってるし、返しもバランス良くて驚きました。特にドラムについては良質のコンプがかかってるのか、バスドラの音が気持ちよくて、ここ数年味わったことのない良さでしたね。

テーマ: LIVE、イベント

ジャンル: 音楽

LIVE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://defier.blog6.fc2.com/tb.php/199-ecb02cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。