カッパパールンパッパー

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

Gretsch 70's 4108 

Gretsch 70's 4108

最近、スネアで特に意識しているのがアンサンブルにおけるバランスです。自分は所有しているスネアにブラスが多いんですが、やる音楽の比率がロック系からJ-POP寄りになってくると、そのブラススネアの空気の読めなさ(笑)が気になってくるんですね。70's 4160なんかはしっかりチューニングすると低音がすごいし、それにアクエリアンのジャックデジョネットモデルやソナーのブラススナッピーを組み合わせてると、ちょっと元気のないギターだったら掻き消してしまう・・・。そんなわけでdwの4.5インチのブラスが去年なんかは大活躍だったんですが、特に最近はかなり反響のいいスタジオを利用していて、それでもちょっと低音が強いかな~と感じるようになってきて、かといってスナッピーやヘッドを変えるとそのスネアの良さがなくなる感じがして、ブラス自体から離れていこうといろいろ探してたわけです。

自分は結構スネアをオープンに鳴らしてしまうのでプレスフープだと完全に輪郭が消えるんですよ。でも輪郭のある音が好きで、たぶん明瞭にリズムを表現したいと思ってるんですね。だからまずダイキャストフープということと、低音は控えめにしたいから5インチぐらいという条件で、スチールでいろいろ探してたんですけど、意外とダイキャストフープでスチールってなかなかない。カノープスはボルトタイトのせいか、音像ボヤけ過ぎて論外(それがいいんだって人はたくさんいると思います。)。あとはだいたい削りだしのぶっといサウンドが多くて、悩んでいた所で遭遇したのが今回のスネアです。

アルミは音が柔らかすぎて元々視野になかったんですが、これはUSAフープとバランスがとれていて割と問題なし。ダイキャストフープでもメタルシェルだと共鳴して音が暴れるスネアって多いんですけど、グレッチのUSAフープってシェルとほとんど共鳴しないんですよね。そのことによってアルミスネアでは考えられないようなまとまり感があります。このまとまり感があるおかげで他の楽器・・・例えばキーボードのストリングスの音とかも邪魔しない。おかげでスタジオでのストレスがなくなりましたね。単体だとわりと低音が多く感じますが、他の楽器と混ざると全く気にならないですね。あとアルミなだけあって音の立ち上がりが早くて、そういう点も所持しているブラスや木胴にはない良さで大きかったです。

パーツは微妙に変えましたね。ヘッドは上をレモのヴィンテージEコーテッド。いろいろ試してみて、これが抜群に相性良かったです。初めて試してみたヘッドですが、エンペラーより少し倍音が出るんですね。エンペラーだと高域はかなりカットしてコシのある音になるんでブラスとは相性いいんですけど、他のシェルだと結構げんなりすると思います。ヴィンテージEは高域が程よく延びるんですね。それが丁度いらない成分をカットしてオイシイ所だけ出してる感じで、アルミにはドンピシャでした。あとスナッピーをカノープスのネオヴィンテージスネアワイヤーのドライにしました。元々付いていたグレッチ20本スナッピーだとロールなんかがちょっと大味な印象だったんですね。もうちょっと繊細な方が合うだろうということで。すごく自然になりました。クロームと違ってドライはそれなりにエッジの強力な音だと思いますね。大人しい感じのスネアじゃなくても全然合うと思います。もっと繊細なのがいいってなるとブレイディとかになるのかな。いつか試してみたいですね。

昔のグレッチはエッジが適当な感じですからやはりチューニングは難易度高いですよね。ボルトの締り具合の感触だけではちゃんと調整できなくて、指でボルト周辺を押して貼り具合を均等にするようにやると上手くいく。しかしなぜブラスやメイプル程人気がなかったんだろう・・・。やっぱり軽快なサウンドならアクロライトとかメイプルのスネアでいいじゃんってなるからかな~。グレッチにしてはクリアで濁りの無い澄み渡る感じの響きだから、木胴の複雑な感じに比べると物足りないってなるのかも。グレッチにそんなの求めてませんよっていう。その時代のニーズもあるだろうし、自分にはわからんですね~。
SNARE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top