カッパパールンパッパー

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

デーモンドライブ その2 

マイデーモンドライブ

軽はずみに勘違いしたこと書かないよう今日まで慎重でしたが、もう疲れましたw

ダイレクトドライブは軽いのか?これが答えるのに難しい。ダイレクトということはフットボードの動きにカムの動きが忠実に反応するという反面、カムの動きに対してフットボードも忠実に動くからです。つまり、ビーターがヘッドに衝突したのがそのままフットボードにも返って来ます。「返り」が強いんですね。この返りをもろに足で受けるとフットボードがかなり重く感じます。フットボードに触れるタイミング次第でスムーズだったり反抗期だったりしますね。素人にはおすすめできない。

ニンジャベアリングはすごいのか?間違いなくすごいと思います。ベアリングを質の高いものにするとここまですごいのかと思うくらいスイーっと行きます。踏んでてわかりますよ。今度NDをショップカノープスに持っていってベアリングカスタマイズしてもらおうかな~。そう思うくらいベアリングの重要性を感じましたね。

このニンジャベアリングはカムのシャフトとフレームの接合部分に入ってるんですが、他にもフットボードヒンジとダイレクトリンク部に謎の特殊ベアリングが入ってます。ヒンジはさすがに開けませんが、ダイレクトリンク部については見ることが出来ます。角度の曲がりに対して対応してる球型です。どっかのブログでボルトを直接挿してると勘違いしてるのがありましたが騙されないでくださいw

付属ビーターですが、使ってないですwすごく軽いのはいいんですが柔らかいのは自分はいらんので。アコースティックやジャズにはいいんでしょうね。防振ゴム入りだそうですが、その辺よくわかりません。振動吸収したら返りが悪くなるんでないの?って思うんですがどうなんでしょう。まぁとにかく興味ないです。

ビーターはいろいろ試してる所です。最初はキタノのチタニウムビーターキングにしてみたんですが、このビーター自体が曲者でした。バスドラヘッドに何も貼ってないとプレイ中にくっついちゃいます。どころか、妙に磨り減ってますw高かったのにこれはないだろって思うんですが、どうでしょうか。音の立ち上がりはすばらしいですが、低倍音は皆無。こっち側としてはあまり返りが聞こえてこないんですが、ちゃんと音出てるんでしょうか。練習の録音したのを聞く分にはすごくいい感じですけどね。まぁバスドラを選んじゃうので、これをずっと使うってわけには行きそうにないですね。マイドラム持ってる人には問題ないんでしょうが・・・。そんなこんなで今はダンマーの206を試しているところです。

フットボードのあの円形のパーツ、外してますwただでさえフットボードが重いんですよ。フットボードって自分にとってはどんどん滑ってくれるぐらいがいいんですけどね。でも全体から見ると滑り止めの需要って高いのかな?

最後に3箇所の設定ですね。これで自分向けの踏み心地を幅広く追求できるのはすごいですね。一番大きいのはダイレクトリンクの接合箇所。Hポジションは真円、Lポジションは偏芯ってところですね。Lポジションになると断然軽くなりますが、メロコア高速ダブル踏むとやっぱり頼りない感じです。偏芯はもうしょうがないですね。DW9000と勝負するならHポジションにして比べてみたいですね。でもきっと負けるんじゃないかな?それまでの国産ペダルに比べればそれでもかなり軽いんですけどね。ヤマハとだとどうだろう?

ビーターストロークはAポジションにしてます。Bは本当に重いwそしてデュオテックフットボードはロングにしてます。こっちのが自分には軽く扱いやすく感じましたね。慣性が働きやすいのかな?まぁ好みの問題のような気もします。

あ、あとスプリングテンション調整する所になんか頼りない感じの固定危惧がついてるじゃないですか。あれすごく使えますね。ヤマハなんかボルトを直接挿して固定しているのに、こっちはカシャってするだけで楽ですね。しっかり固定できてるし。なんというロウテクw

あとバスドラフープ接合部の肉球(?)もナイス発想ですね。がっしり固定できるし、設置しやすいし、何よりフープがボロボロにならずに済むっていうのがもう。この部分だけでもうこのペダルを手放せなくなるぐらい自分には大きいです。

ちなみに写真の通り入手したのはツインペダルですが、左右の違いとかは自分は踏んでて感じなかったです。まぁ自分はそんな気にしない方なんで、よほど敏感な人にはどう感じるかっていうのはあります。手で触るとわずかにわかるんですが、まぁ完全に左右が同じなツインペダルなんてないですからね。たぶん大丈夫な範囲だと思います。Zリンクもすごいくにゃくにゃですが、躯体自体の重量って影響ないんですかね。

そろそろまとめにいきましょうか。これまで使っていたのがDW5000ND3なんですが、それに比べると反応が良くなり音量も上がりました。でもその一方で反応が悪いと感じる時もあり、ダイレクトドライブのめんどくささもちょっと否めないですね。

最後に自分が踏んでる音です。スタジオ的にはかなりバスドラのしょぼいデッドな部屋で、フェルトビーターで、ライトセッティングで、片足で15連打です。NDで同じことやってもここまで際立たないですよ。

やっぱり一番の不満点は音が頼りないっていう所ですね。この前ヤマハのFP8110と両方スタジオに持ってきたんですが、ダイレクトリンクをHポジションにしても、FP8110に音量で大負けするんですよ。いろんなメリットがある一方で音っていう1点がなぁ~。アタックはいいんですよ。もっと音の広がりがほしいんだけどなぁ。あんまり重く設定したくないしなぁw

【追記】検索でこのページにたどり着かれた方、その後しばらくしてまた違う印象を持ちましたのでせっかくの新製品が誤解されないためにも「その3」の方もご覧になってください。

テーマ: 打楽器

ジャンル: 音楽

KICKPEDAL  /  tb: 1  /  cm: 6  /  △top