カッパパールンパッパー

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

選ばれし頂点 神への疾走 

グルーヴするためにはやはり互いに反応しあうこと。そのためにはもちろんプレーヤー互いのリズムを感じ取りやすい環境は必要で、リズムを感じ取りやすい音域というのもあるわけで、そういうのも考えて音作りをしないといい機材を使っても台無しになってしまうと感じています。

例えばハイとロウのつまみのあるアクティブベース。この前ライブやった箱のベーアンがハートキーだったんですが、それにスティングレイ使ってるバンドさんがいて悲惨なことになってました。そのスティングレイに限らずどのバンドもベースの音はスッカスカで(うちもw)、あれではグルーヴしようがないと思いました。ドンシャリ傾向が強く音がボワボワしやすいハートキーをチョイスする箱もどうかとは思うのですが、グルーヴするために必要な音作りがわかっていればグライコを駆使してやり過ごすことはできたかもしれませんね。
スポンサーサイト
BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Carpe Diem 

生のライブを見てみたかった。

ロックンロールとは何か?グルーヴとは何か?バンドの持つ本物の一体感を得るためのメソッドはあるのでしょうか。まるで永遠のテーマとも思えるかのような話。偶然的にですが、自分がライブをする中で本物レベルの心地よさを感じたときは、見る側も同じように感じていることに気づきました。その本物の心地よさというものが、限られた条件でしか得られないことにも気づきました。

ドラムは同じ自分が叩いていても、この一体感の程はバンドによって全く変わってくるんですね。ドラムマガジンでは合言葉のようにグルーヴっていう単語が出てきますが、そういうグルーヴとかドライヴとかを体現する上では、ドラム一人の力ではどうしようもできないというのが自分が身をもって感じたことであります。

もう単刀直入に言ってしまうと、自分の持論としては、ベースで全てが決まるのではないかと。

ベースって、ドラムと直結しているように感じるんですね。ベースの音ってドラムとしては体全体で感じてしまうもので、どうしてもベースがヨレると厳しい。逆にベースがしっかりしていると、他の上ものパートで走る人とかいてもなんとかなるんです。ただベースが一緒に走っていると、つまり、ベースがドラム以外の楽器に合わせて弾いてしまっていると、ものすごいストレスに感じるんですね。

ライブを見ている人が心地よく感じるためには、ドラマーが気持ち良くドラムを叩けなければならない。で、ドラムが気持ち良くプレイできるかどうかはベースにかかっている、と。上手くドラムのやりたいリズムを感じ取ってヨイショしてあげなければいけないと思うんですね。そうやってドラムが全体のリズムを思うがままにコントロールできなくてはならない。そうやってドラムはボーカルだったりソロパートをやる楽器だったり、「歌」を歌いやすいようにリードしてあげればいい。他のパートはドラムに合わせていけばいい。

合わせる関係としてはこんな感じになるのではないでしょうか。
1.ベース→ドラム
2.他パート→ドラム(実際は+ベース)
3.ドラム→歌(ボーカル・ソロパート)

「合わせる」というのはただ一方的に合わせるということではなく、合わせる中に自分らしく弾いていくっていうのが大事ですね。お互い歩み寄るというか、⇔になってれば理想であると。

結局全てはベースにかかっていると思うんですよ。ドラムの達人のような人を下手糞に聞こえさせるのも、明らかに下手なドラムをまともに聞こえるようにするのもベーシストの成せる業ではないかと。もちろん周りの音が感じ取れないドラマーさんではいくらヨイショしても無駄ですし、気持ち良く合っていると走りがちになるのでその辺ドラマーは気をつけないといけません。

そんな持論をドラムの立場からバンドで展開すると、おれが中心だおれに合わせろと言っているようで反感を買ってしまいそうなんですが、事実なのでその辺は強く言わなくてはなりません。もちろん最初からそれがわかっているバンドならば、あえて口にする必要はありません。ニルヴァーナもデイブが加入してから演奏の良し悪しについての会話はライブ前後でさえ一切なかったようです。とにかくその為には自分自身もっと確信を持ちたいと、そんな思いからベースでのバンド結成を決意したわけでした。
BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

忘れたいです 手と手が触れ合った時 

1週間がものすごい長く感じる今日この頃です。1バンドだけだと、やっぱだめですね。すごい疲れちゃう。個人練入るかな~。

いやいや、それもあるかもしれませんが、何より某○谷の○○○さん所はだめっすね。おいしい音がみ~んな吸われちゃう。唯一高いBスタ以外みんなそうなんだから。あれは本当萎えます。スタッフさんいい人たちだし、安いから悪く言いたくないけど、あれじゃあバンドにとって良くないんじゃないかな~と。あそこでいくら練習しても上手くならないんちゃうんかと。タイコもよろしくないし・・・。ドラムにトップ1本マイク置くっていうのもありかもしれませんね。フロントマンは今日悪くなかったんですけどね、もう本当疲れた。なんか物足りなくて意識をやたら集中させまくってた。リズム的な部分は問題なかったんですけど、やっぱり音が不満なんですよね。こうなると持ち込みスネアの本領も発揮されないですし。音が大きくなるだけ置いてあるのよりマシですけど。よりによってパールのメッキなしスナッピーで統一ですから、余計音弱くなりますよ。せめて○o○構成はやめていただきたい。あのスタンダードでシンプルなセットじゃあ、セッティングだって人によっていちいち変わるし、メリットなんて皆無ですよ。・・・もうこの辺にしときましょう。安いし、文句を言ってはいけないですよね・・・。

新音源いい感じに録れてるから、それの完成がひたすら楽しみです。

テーマ: バンド活動♪

ジャンル: 音楽

BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

どんぐりの背比べということをどんぐりは自覚していない 

今、ほんの気まぐれでドラムマガジンの200号を引っ張り出して読んでたんですが、その中にドラマーの名言集って特集があるんですよ。こういう言葉っていうのは、初めて見たときにはなんでもないものでも、後ですごい共感できるものになっていたりするんですけど、今になって共感できるようになった言葉を2つばかり転載します。怒られるかな?

ドラマーのアレンジの主眼は他のすべてを補うこと
僕らのバンドはお互いがお互いを補うために存在する

デイブ・グロール

本当に最近感じたことに対して通じているというか、自分が感じたことそのままとさえ言えます。いくつか組んでいるバンドの中にはオリジナル曲だけをやっているのもあるんですが、そういうオリジナル曲でドラムをどう叩いていくかっていう話です。

ある時までは、原曲を耳コピしながら自分なりのセンスで部分的にアレンジをしたりしてたんですよ。なんかちゃんとそういうのを構築したがるタイプで、5線譜ノートに書いたりとか結構やってましたね。ただいくつかバンドを掛け持ってるとそういう余裕もなかったり、そうやって考えて作ったパターンやフィルイン通りに実際やってみてもしっくりこなかったりっていうのはあったんですね。悪くはないけど最高ではないみたいな中途半端な手ごたえがあって、今やっているバンドでも加入したての時はそうやって譜面作ってたんですけど同じだったんですよ。

複数のバンドを掛け持ってだんだん余裕なくなって、そういうのをやらなくなり・・・練習やイメトレすらしなくなったんです。そうするとスタジオでリハーサルしながらアレンジしていくようになって、そうやって土壇場に生まれたフィルインやパターンの方が曲に良く合うと感じることが多くなったんですね。なんか新鮮な感じで前に出つつ曲を引き立てつつで楽しいんですよね。そのアレンジが自分の個性にも思えるし、今では完全にそのスタンスでそのバンドではやってます。

やっぱりメンバーが演奏するし、きっとそういう周りの反応やリズムとの相性とかがあるんだと思います。リズムさえ合えばフレーズはなんでもいいってわけじゃないんだなって、そのことを通じて思いましたね。まとめると、自分のスタイルがどうとかシンプルなのがどうとかじゃなくて、その曲にあったパターン・フィルインを自分の嗜好に関係なく生み出すことが重要だと思うんですよ。嗜好に関係なくと言っても、そうしていく中にもしっかりと個性はあるどころか、自分のもつリズム感を最大に活かせるんじゃないかなと思ってます。

音楽が僕がプレイすべきことを語ってくれて
僕はその音楽をプレイしているのさ

スティーブ・ガッド

やっぱり4人のバンドだったら4人で一緒に出す音が一番大事で、デイブの言葉にあるようにお互いを補っていくっていうバンドの関係性が個々の技術力に関係なく4人の音をいいものにしていくと実感しています。4人で出す音のためにドラムがあるって、そういう視点ですよね。バンドありきという考え方こそがやっぱりバンドを長続きしていくと思うし、そういう関係の元に4人の音があるっていうことを忘れちゃいけないと思うんですよ。

本当、自分の力を過信してはいけないって思いますね。ドラム一人じゃどうにもならないって思います。
BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

人間性は理屈を超えた理屈 

全く初めてのメンツだけど2,3度も合わせればグルーヴが出る。そんな感じの練習がこの前ありました。昔からやってるバンドで久しぶりにやって「そうなる」、というのもちょっと前にありましたが、初対面でいきなり「そうなる」っていうのは初めてじゃないでしょうかね。それまでのバンドでもすばらしいメンバーでやれたことはいくつかあるとは思うんですが、いかんせん自分自身のレベルがまだまだだったと思うし。

自分がグルーブなんて言葉を使うのもおこがましいかもしれませんが、(と言いながらこのブログで結構使ってたかもしれません)グルーヴが生まれるのって全員がある基準以上のレベルに達していれば初対面でもいけるんだと、実際にやってみて確信した次第です。

現時点での考えですが、その条件はおそらく
①一人でタイムキープできること
②周りに合わせられること
③その上で周りを意識しないで弾けること
こんな感じで段階的に③まで行ければ基準達成みたいな。そうすればピッキングが荒くても、早弾きミスっても特に問題はないんじゃないですかね~。

①についてはまぁ、ドラマーに求めるのはテンポではなく、あくまでリズムだってことですよね。
②は③と一見矛盾してるんですよ。初心者はよく①や②を抜かして③をやってしまいがちなわけですが、②がまず出来るようになって③を実行することで、無意識で周りを感じとって反応できるようになると思うんですけど、どうでしょう。
①と②も良く見ると矛盾してますねぇw要は自分のテンポにこだわっちゃいけないってことです。雰囲気で音源より早くするのもアリだと。まぁ基本ですが。
③なんですが、合わせることができると今度は相手の顔をうかがっちゃうと思うんです。自分も今でも時々そうなってしまいます。それさえ取っ払うことが出来ればヨレることは完全になくなる気がします。

相手の顔をうかがいすぎない、要するに自分を出せることに加えて、周りを信頼するということも大きいんじゃないかなと。「こいつとなら大丈夫だ」的な。
そういうのって人間の精神的な部分に求められる気がしますよね。自分はもっと大人になればもっとうまくなると思いますし。自分を出しつつ、相手を受け入れる。バンドもどこまでいっても人間関係なんだって思いますね。
BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

バンドで一番重要なパート? 

もっと具体的に言うと、このパートがしっかりしていれば他のパート大丈夫、というパートはないですよ。ドラムだと思いますか?全然そんなことないです。

以前も書いたんですが、周りの音を聞かない自分本位なプレーヤーがバンドに一人いれば周りはガタガタになるんですよ。で、皮肉なことに周りの音一切無視してるそのプレーヤーが一人まともに聞こえるというwもちろん全体としては最悪なわけですwそういう空気読めない人に周りが合わせるって言うのは苦肉の策でしょうね。初心者がいたりとか、そういう場合はヨイショしてあげてもいいかもしれない。でも初心者でもすごい吸い付いてくる人もいるからやっぱりセンスなんだなぁと思います。センス(感覚)は時間を掛けて磨いていくしかないですよね。意識してやってもうまくいかないのは、時間を掛けて良くしていくしかないでしょうね。
テンポにしたってドラム任せって良くないですよ。ドラム任せってことは、言い返せばいい加減なテンポをドラムに押し付けるってことですから。主体なのはドラムでも自分の中にそのリズムを入れないと。あぁこう来るんだ、じゃあこうすればいいんだなっていうような、インプットアウトプット。全体としてこうだから、じゃあ自分はどう表現する?っていう本当の意味での自由なプレイ。

もちろん周りがどうプレイしているかをしっかり見なきゃいけないのはドラム。バンド全体に一番責任を持つのはドラム。なんたって、うまくいかないときに一番下手に聞こえるんだから。

バンドとは違うところで「みんな自分のことしか考えていない。チーム全体のことを誰も考えてない」なんて言葉を聞いて、何事においてもそういう視野が大事なんだなと思った今日この頃です。
BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ミスチル!ミスチル! 

テレビ見ましたか?自分にとって現代音楽の原点、ミスチルがたまたまテレビに出てトークしていたのでびっくりです。それこそ小学校の時は全曲の歌詞を全て暗記するほど好きでしたが、やがてロックに傾倒し今に至ります。だからちょっと最近の曲はわかんなかったんですけど、いいライブでしたね。

2年前に後輩たちとミスチルのコピバン立ち上げて再来週ラストライブなんですが、この時期にやるのは当たりだなぁw話それるかもしれませんが、このバンドはすごく勉強になったんですよ。どうしたらバンドとしての音が良くなるか、プロみたいな一体感を出していくことができるか。自分が先輩として先導していかなきゃいけないからかなり考えさせられましたね。それに鈴木さんのドラムは今になってちょっと衝撃でした。昔さんざん聞いていたのにコピーするに当たって改めてBOLEROを聞いてみると、「えぇ!?こんなに歌心のあるドラムだったなんて!」wまったく楽器に触れていなかったあの時とドラムを7年もやっている今では聞こえ方が全然違うんですよ。あの頃の自分は全然ドラムやベースは聴いてなかったんだって。あの頃の自分は全然ベースやドラムは聞いてなかったんですねぇ~。でもずっと聞いてたから鈴木さんのドラムは心地よいのかもしれないですね。

ミスチルバンドは立ち上げて2年くらいになりますが、ここに来てやっと音がまとまってきて、初めて自分のバンドを作り上げた実感があります。それまでは自分はドラムに集中してるだけでも周りがすごいから全然いい音が出来てたんですよ。でもアイズっていうオリジナルバンドをやり始めてからあれ?ってなってきて、なんでバンドによってこんなにも違うんだろう?って、それから演奏がいいバンドと微妙なバンドがわかるようになってきて、フロントマンにどうしたら伝わるだろうって考えたりして、そういった苦悩を乗り越えてやっとわかってきたことがあって、それが今こうしてコピーバンドではありますが形にできたなぁと。それは今まで組んだバンドで良かったバンドがあっても、自分以外のメンバーがリードして成り立ったものだったから、ドン○コスだったら○ちゃんが、K○Dだったらゆ○さんが成り立たせてきたものだから、そういった意味で自分が作り上げたバンドが理想の音を出せるようになったっていうのは大きいですよね。(その頃まではパートナーに恵まれてたんだなぁw)

やっぱりリズムをリードするドラムが一番バンドに対してヴィジョンを持っていた方がいいでしょうし、これから対等なメンツで組んでもうまくやっていける自信になっています。あぁまた自分の話ばかりw

コピーするのは昔の曲ばかりですが、今日テレビ見て「しるし」なんかもいいなぁなんて思いましたね。でもストリングスが4人いなきゃできないなこれはw

テーマ: Mr.Children

ジャンル: 音楽

BAND  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。