カッパパールンパッパー

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

「悪いが俺は大人じゃなくて男なんだよ」 

あれあれ?カウンターが9000いってる?ずいぶんとペース早いっすね。

この前ドラムレコーディングやりました。今はベース・ギターともに録り終わって、一部ミックス中です。今回はどんな出来か、正直言って完成してみないとわかんないですね。ドラムレコーディングについて、スネアはポークパイ先生を使うことができなかったのが残念でした。というのもグレッチ42本スナッピーの残響がうざかったり、チタンフープがカンカンし過ぎてたりと、いろいろ微妙だったんですよ。ライブDVDとかを見る分には本当、いい音してるんですよ?でもあれはライブだからああなんであって、シビアなレコーディングという場面で同じように聞かせる場合は、本当に音重視で、フープはプレスフープに戻してスナッピーはピュアサウンドにしとくべきだったんですよね。ライブとレコーディングでそうやってセッティングを分けていかないといかんかったなと。次の機会ではリベンジしていきたいですね~。

で、代わりにスネアは何を使ったかというと、スタジオに置いてあったのにしたんですよ。グレッチ・レナウンメイプルセットのスネア。これなんというか、無難な感じで好きですね。安定しているというか、しっかりまとまってて。スネア以外ではバスドラが良かったですね。これまた密度のある引き締まった低音ですごく好きです。タムがちょっと残念だったな~。チューニングすればよくなったかもしれません。レナウンメイプルというと、台湾製の安物なんですが、自分的にはパールのマスターズクラスより好印象です。厚みとまとまりですね。塊のようなサウンドと、暴れないタイトさがグレッチの特徴なんだと思います。おとなしいという見方もあると思いますがこの辺は好みでしょう。とにかくロックには通用することが証明されましたね。USA製のクオリティが気になるところです。

そんなわけで2010年になりました。目標的なことは前エントリーでも書きましたので割愛。人生は戦いみたいなもので、自分は次こそは勝ちたいと思っているんだと思います。変な日本語ですが。だから今は夢のために、ブレずに突き進んで行きたいと思います。全てをチャンスに変えて。以上独り言でした。

テーマ: 音楽的ひとりごと

ジャンル: 音楽

RECORDING  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

眠いので写真だけ 

全体 ペダル スネア
RECORDING  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

人類にとってはなんでもない一歩でも私にとっては大きな一歩 

レコーディング風景

レコーディングタグでのエントリーはもしかして初めて?まぁどうでもいいか。

そんなわけで先日レコーディングをやりました。ドラムレコーディングです。ローンを組んでまで買ったAKGのドラムマイクセット、使ったのは家でリズムトラベラーによる録音を何度か行って以来です。あれから苦情が来たために家でドラム叩けなくなりましたが、今回はその雪辱を果たすべくその腕を振るってもらいました。

さらにローンは組まずに済みましたが先々月購入したてのD888、エンジニアをやってくれたたかや氏にも使いやすいと好評で、自分的にも簡単に録ってみただけだけど、すごく操作がシンプルで良かったです。D888、少なくとも初めてのMTRには絶対おすすめです。なんといっても8トラック同時録音!ドラムに8トラック同時録音ですよ!(大事なことなので2回言いました)この2つの組み合わせですごいものができないわけがない。

ドラムもいいもので叩きたいという気持ちがあり、ミクシィのコミュニティでも3社を圧倒的に超える的評判のカノープスで一度叩いてみたくて、ネットで探し、初めていくスタジオでやりました。正直、この思いつきは大当たりだと思ってます。出音が大きな塊で、マイクのりが良さそうな感じ、自分の爆音メインスネアとバン!バン!ってやったときの気持ちよさといったら、これまでのどのスタジオのドラムセットをも凌駕してました。チューニングとかかなり適当にやったんですが(だってセットについてはわからないんだもの)全然問題ない感じでした。バスドラの突き抜けるアタックといい、バンドでやってもスネアに負けじと存在感が出そうな感じでした。結構広い部屋なのに置いてあるのは18インチバスドラのセットなのだからすごい。22インチだと音がでかすぎるんでしょうね。

シンバルは今回チャイナとスプラッシュだけ持ち込みました。置いてあった各種シンバルはセイビアンのAAで統一な感じでしたがすごく気持ち良く鳴ってましたね。個体差も意識して試奏して選んだとか?いやそれはわからんですが、いい意味でも悪い意味でもしょぼいAジルよりも、ボトムがないくせにやたらと主張したがりな2002よりも、自分はAAが好きなんだなと再認識しました。音が一番いいのは2002ですけどね。

そんな満を持してのレコーディングですが、残る問題といえば自分自身なわけですよ。
-- 続きを読む --

テーマ: 楽器

ジャンル: 音楽

RECORDING  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

リズムトラベラー その2 




さて、今回は以前に購入したとこのブログで書いたリズムトラベラーにシンバルを拡張、加えてAKGのマイクセットを使った録音を試してみました。

前回とはうってかわって機嫌がいいです。元々スタジオのドラムで録るつもりでマイクを買ったものの、
「その必要はないんじゃないか」と思わせる程のクオリティなもんで。

適当に叩いてみた

スネアのチューニングの緩みや、タムの音っていう課題はありますが、それでもボルトタイトなら・・・ボルトタイトならきっと何とかしてくれる・・・。

テーマ: 音楽のある生活

ジャンル: 音楽

RECORDING  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top