カッパパールンパッパー

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

MINCE THE BEAT OF OVERDRIVE !!!

  // 

8( ̄▽ ̄8)(8 ̄▽ ̄)8

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

今時ドラムってアナログすぎるよな。 

今回はいろんな小さな話題を。

2度目のリファレンスピュア遭遇。前回記事を見ていただけるとわかりますが、1回目はあまりいい印象じゃなかったです。しかし今回はむしろかなり好感が持てました。
気になっていたフープの歪みはなく、チューニングはダイキャストにやるように楽な感じでしたね。シェルの堅さなんかも、1曲叩いたら途端に鳴り出して、全く気にならないどころか、気持ちのいいタイトささえありました。レスポンスの速さにも一役買っていたと思います。結構新しめのキットだったので、状態が良かったのかも知れませんし、1回目に遭遇したやつがロット的に精度低かったというだけかも知れませんし、あるいは部屋の広さによる聞こえ方の違いとも思えますね。
自分はいつも打面をギリギリまで緩めてアタックを出すんですが、マイルドになりがちなファットトーンフープには相性のいいチューニングかもしれません。なんだかんだいって玄人向けなドラムなのかもしれませんね。

バーみたいな所でセッションがある時はもう割り切ってスティックしか持っていかないんですけど(せまいので)、そうすると置いてあるスネアを使うわけです。で、置いてあるスネアで結構多いと思ったのが、ボトムヘッドが均一に張られてないこと。基本的にかなり張ってはいても、テンションが均等でないときれいに音が広がらず、スナッピーの反応が大雑把になってしまうんですね。あの感じが苦手だったな~。裏ヘッドはすぐ穴も空きやすいし、表より頻繁に張り替える必要ありますよね。そういうスネアと出会った場合は一度全部緩めて均等に張り直すしかなさそうです。1回ピンと張ってあると微調整ではどうにもならないっぽいですね。1回伸びてしまっている状態ですしね。

で、張り直してみて、反応は自然になったんですが、今度は胴鳴りに負けてしまうという・・・。ごく普通のスチールスネアだったので通常こうはならないんですが、そのスネア、両サイドにボルトタイトが付いてたんでそれが原因ですね。ボルトタイトをスネアサイド側に付けると、過剰に胴鳴りしてしまうんですよ。これが原因で無駄にレンジが広がって、全体としてミッドレンジがぼやけてしまうと、ライブハウスでもモニタリングしづらくなってしまいます。生音で充分に聞けるライブバーだから問題なかったですが、ちょっと胴鳴りしすぎやな~と。もっとパンパンに張れば良かったな・・・。ボルトタイトがスネア激鳴りツールなのは間違いないので、ボトム使う際はスネアとの相性ですね。

そのスネアに付いていたんですが、ラディックのスナッピー・・・某楽器店ではかなり評価してますが正直自分はあまり・・・。反応が大雑把で、パールのハイカーボンスナッピーをいくらか高級感ある感じにしたっていう印象ですね。ピュアサウンドカスタムのメッキありバージョン的な・・・。自分だったらここまで立ち上がりが早くなくてもいいからもっと繊細さがほしいですかね。リムショットの時ももっとまとまりを感じさせるような・・・、自分の中ではやっぱりソナーとグレッチかな~。あとピュアサウンドのカスタムプロも良かったですね。トーンはカスタムにくらべると地味になっちゃいましたが・・・。こういうタイプのスナッピーの魅力はザラッと粒ぞろいの均等な感じが魅力ですね。
スポンサーサイト
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

マシュマロみたいにふわっふわっ 

先日たまたま初めてパールのリファレンスピュアの置いてある部屋に遭遇できたので感想を。

やはり注目すべきはトーン。若干ミッドレンジに山がありつつも、ありすぎずパールとしての原型を保った感じです。これは上手いバランスのとり方だと思いました。ヴィンテージ楽器のようなある程度指向性を持った特徴に現代らしく安定感を持たせれば実はマイク乗りもいいというのは1つの発見ですね。でもちゃんとパールの音をしています。マスターズがちょっとチューニングされたような印象ですね。

確かに自分はグレッチやヤマハのような中低域にピークをもったドラムは好きですが、スタジオに相応しいのはそういう濃いキャラじゃなく、誰にでも・どんなジャンルでも受けいられるような中間的なサウンドであるべきと思います。やはりそうなるとスッキリした明るい感じのメイプルがいいと思うのですが、DWやサカエはハードウェアが重い影響でちょっと重苦しく、パールに取って代わるとはちょっと思えないですね。そう考えるとパールを脅かす存在ってもしかして今のところないのかもしれません。

薄くしたシェルとフープによってこのような特徴が出るようになったんだと思いますが、気になるのはファットトーンフープの精度の低さまで露骨に音に出ていること。いかにもアジア産らしい精度の低い楽器のような印象を同時に持ちました。高さが均等じゃなかったり真円度が低かったり等ですね。スネアにファットトーンフープを付けてみたことがあるのですが、その時も付けるときに部分的にボルトが届かなくて無理やりはめた記憶があります。確かに薄いフープで変形もしやすいのですが、おそらく出荷時でもちゃんとした状態で出せてないんじゃないですかね。まぁプレスフープなことには変わらないし、こういうものなんだろうな~。でもこれの精度が高かったらどんなに良くなっていたかと思うとちょっと勿体無い気がします。プレスフープは2.3mmがすっかり主流ですが、薄いフープではそういう限界があるのかもしれません。

もう1つ気になるのは、ラグやフープによってオープンなサウンドになったことで、シェルの硬さもかなり感じるようになったこと。シェルももっとふくよかになれば、かなり組み合わせ的にオイシイ感じになる気がします。等厚材っていうのがどういうものなのかわからないんですけど、単に圧縮して薄くしたということなら、かなりシェルの剛性が高くなっているのではないでしょうか。組み合わせ的にはメイプルとマホガニーなので、その2つを組み合わせたってだけでそんな硬くなることはないような気がするので・・・。ただ離れたところから聞く分にはこれぐらい硬い方がいいのかもしれません。

いい音にするなら裏も表も念入りにチューニングが必要と思いましたね。あんまり大雑把にというわけにはいかない気がします。シェーン・ガラースはB'zのツアーでクリアーヘッドにしていましたが、確かにシェルがタイトなのでピンストライプよりそっちの方が相性が良さそうです。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

バカらしい程に潔い程に 

ASPR ST-250C

アサプラヘッド試してみましたよ。スネアは今や揺るがぬメインの座、Gretsch 70's 4158です。スタジオ入った時に前半レモのコーテッドアンバサダー、後半アサプラのST-250Cという感じで使ってみたんですが、おかげで微妙な違いがわかりました。前述のレモ・コーテッドアンバサダーを意識したモデルのようで、音の方向性は同じといえば同じ。厚さも触ってみた感じ同じだと思われます(質感はかなり違いますが)。逆に言えば、比較することでメーカーとしての強みを明確に感じることができるわけです。

アサプラに変えたらスナッピーオフにして叩いた時点で違いは感じられました。マイルドさ?いや違う、音は丸くはなってないな~。中域にちょっと特徴を感じました。結構好きですね。この中域のクセは普段いろんなスネアに愛用してるアクエリアンのジャックデジョネットモデルに通じるものがある気がしました。

スナッピー入れて叩いてみるとやはり、中域が微妙に豊かで、でもモダンヴィンテージミディアムやスエードのような太くふくよかになったというような変化ではなく、純粋に音域が広がったような感じ。全体としてリッチなサウンドになったように感じました。コート地もなんか高級感あるんですよね。ベース弦を高いやつに変えた様な、微妙ながら確かに実感できる変化ですね。

残念ながらグレッチのヴィンテージスネアにはサイズが合わず、今はレモのコーテッドに戻っています。レモのコーテッドアンバサダーはアサプラST-250Cに比べるとスッキリした、扱いやすいサウンドな印象です。立ち上がりも若干早い印象ですかね。

サイズっていっても違うのはアルミ枠の形状なんですよね。レモのはゴツく太く、トップがフラットなのでフープを普通に乗っければいい感じにフィットしますが、アサプラはトップが丸っこい上に細いのでグレッチのフープを乗っけてもガタついちゃいます。無理やり付けると1箇所フープがヘッド枠から外れてその辺りだけいくら締めても空回り(笑)なので今回の実験でわかったのはこのくらいです。そのうちヴィンテージ対応仕様が出てくれるといいんですけどね。

ちなみにこのスネア購入直後にグレッチのパーマトーンヘッドをわざわざ入手して付けたんですが、今回のアサプラと同じくサイズが合わずレモにしたという経緯があります。同じメーカーなのにどういうこっちゃ・・・。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

その狂気から目を逸らすな また何度でもやってくる 

SAKAEのドラムセット

SAKAEのAlmighty Mapleセット。最近某スタジオで見かけるようになりました。このまま侵食してパールと入れ替わるんでしょうか?

ヤマハの製造をやってた所だというからてっきり音もヤマハなのかと思いきや、これは音だけならパールのマスターズに近いと思ったんですがどうでしょうか。だからオールマイティって名前なんですかね。確かにスタジオに置くにはいい気がします。ハードウェアパーツを重くしているということもあって、結構タイト。タイトすぎる気もするけど、あまりチューニングとかやらない人にはいいのかもしれません。問題のタムホルダーもヤマハが基本ながらパールに近い雰囲気にしてて、取り回しがよくて使いやすい。

ヤマハと同じだと感じたのはチューニングしてる時。ボルトの絞まり感が強いんですよね。パールのチューニングに慣れてると同じ感覚でやれない。ちょっと締めたらもう締りが強くなるので、ボルトを締める感触での調整は難しいです。でもそのおかげでハードに叩いていてもチューニングが緩みにくいです。緩めにチューニングして4時間叩いても緩んだ感じがなかった。これはパールに対して抜きん出ている点じゃないですかね。

音にあまり個性がないのは返って万人受けする強みかもしれません。時代を選ばないというか。日本メーカーらしく、作りの良さと取り回しの良さで勝負って所ですかね。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

おめーはオレオこらせた 

DWブラックニッケルオーバーブラスの音作りの模索がまだ続いています。やはりこのシェルの持つトーンは素晴らしい。DWって木胴はクラヴィオット以外いいイメージがないんですけど、いつもメタルスネアは人が叩いてるのを聞くといいスネアだと感じるんですよね。特に今回購入したBNOBについては今までのブラススネアでは聞いたことのない、グレッチのようでグレッチとも違うトーンなんですよ。新しい領域だと感じますね。

スネアドラムはスナッピーやヘッドやフープを変えれば確かに劇的に変化はします。それでも、シェルの出せない音はそれらではどうしようもないんですよね。だからグレッチのトーンはグレッチじゃないと出せない。スネアのシェルというのはメーカー間でどうしても差が出来てしまうポイントだと思っています。

BNOBについてはグレッチに近いトーンだけどどこか少し違う。実際4160と叩き比べると、明らかに4160は低音が多いと感じる。BNOBの方は余計な低音をなくして必要なトーンだけに絞った印象があります。物足りなさは感じないし、スッキリしているからあまり他の楽器の邪魔にもならなそう。どうやってこんな音を作ってるのかわかりませんが、他メーカーのブラックニッケルブラスには絶対になかった音域なんです。

気になる音の暴れをなんとかしようと模索しているんですが、その前にスナッピーはまずグレッチに。DWのスナッピーだけは本当に何がいいのかわからない。スナッピーだけで損してるメーカーに思えてならない。ドライなタイプでサウンドレンジを絞るという発想はいいとして、とにかく音がいいと思えない。グレッチに変えたらすごい良くなったし。シェルのトーンをしっかり活かしておいしい中音域を出してくれてますね。センシティビティもすばらしいし、42本なのにそう思わせないほどに減衰が早い。

フープは最初キタノのシングルフランジフープにしてみたんですが、アタックが強烈過ぎて結局やめました。それさえなければかなり好きな音なんですが、このまま叩き続けたら難聴になりそう(笑)。スラッシュメタルなら諸手を挙げて歓迎されそうな、硬くていい音でした。それでオリジナルのトゥルーフープに戻したんですが、えらいヘヴィだなと、やっぱり納得いかなくて、今度こそはとパールのファットトーンフープを試してみました。キタノに比べると無難といえば無難ですが、早い音の立ち上がり、丁度いい具合に絞られたトーン、とても優秀だと感じました。

ヘッドは上下アクエリアンにしてみました。最近のパターンはバッターがジャックデジョネット、スネアサイドはカノープス(レモ)という組み合わせが多いんですが、今回は思い切ってスネアサイドもアクエリアンに。手触りからしてレモのスネアサイドとは明らかに別物。なんか知ってる触り心地なんですが、思い出せない。とにかく分厚くて柔らかい。いくらでも伸びそうな感じ。実際張ってみるとシェルに対する密着感がすごい。メタルスネアとは相性いいかもしれません。スナッピーの反応がいいのも実はこれのおかげかも。ジャックデジョネットはやっぱり好きですね。このコシのある感じが大好きです。コーテッドはなんかプシャーって感じですぐ潰れるというか、音が薄く感じるんですよね。ヘッドはドラマーに直接返って来る音としては比重が高いので、叩いていて安心できるヘッドを選ぶべきですね。

これで大分よくなったけど、まだちょっとサスティーンの長さや金属的な倍音が気になる。いい音ではあるけど、今度持っていこうと思ってるバンドにはアコースティック色の強い曲もあるし、もうちょっとドライな方がいいかも。(わがままといえばわがままです。だいたいそれならブラックニッケルのブラスなんか持っていくなと)。それでいてハードなロック曲もこなせるようなのあるかな~ということで、注文したのがゲイトウェイのスナッピー。真ん中のコパーのやつです。サイトの説明を読めばまさに狙い通りのチョイスなのはわかると思います。問題は音が好きになれるかどうか。

このスネアのためにスタジオに通いつめている状態です。でもあと少しでゴール・・・かも。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

白井式 ハイブリッドドラム消音セット デラックス 

自宅の練習用ドラム 70's GRETSCH

自前の機材が揃ってきたこともあり、あまりここに書くこともなくなってきたんですけどこれは本当いい買い物でしたね。

とくにタムに貼るタマのメッシュヘッド。まんま音量が下がった感じで、感触もほとんど変わらない。ちょっとメッシュの方が跳ね返りが強いのかな?自分が普段最大までローにチューニングするからそう感じるんでしょうね。多少張る人であれば全然違和感ないかも。まぁ実際気になりませんしね。

バスドラも同じものですが、輪郭がぼやけますね。使用してすぐにビーターヒット箇所が凹んできたのでLiveLineの本革インパクトパッドをつけたんですが、かなりいい感じになりました。買いたての時に貼りたかったなー!

スネアに乗っけるProLogixのブルーライティングパッドというやつはリムショットができるのがいいですね。リム部分はゴムなのでクローズドリムショットの音は音にならないのが残念。感触は悪くないです。自然なゴーストノートができますね。タムより音量が弱く感じる場合はスナッピーのテンションをかなりルーズにすると、たくさん反応するようになり音も伸びるので叩き応えが感じられるようになると思います。

難しいのがシンバルミュート。やっぱり跳ね返りはどうしようもないですね。ハイハットでエイトを刻むのはそんな問題ないですが、クラッシュでレガートとか跳ね返りを利用したプレイはきついと思います。あと16インチ用と18インチ用で微妙に大きさが違っていて響き具合で差が出来てしまいます。これはいただけない。自分の場合16インチが音大きすぎてビビる。バランスをとるなら18インチの方を部分的に切り取るしかないんでしょうけど・・・。

クラッシュシンバルはやはりハードヒットするとミュート無意味になるんですね。ショップでも紹介してましたが、確かにCymbagを付けると大丈夫になりますし、音量的にも周りとバランス取れます。これなら18インチ側をちょっと切り取ると丁度いいバランスになるかも。シンバルミュートはクラッシュ2枚とハイハット用だけしか用意されていないんですが、ライドはCymbagだけで丁度いいですね。ライドぐらいは跳ね返したいし。ハイハットはCymbagなくても充分ミュートされています。購入検討される方はクラッシュやライド用にCymbagは最初から入れた方がいいかと。スプラッシュやチャイナを追加する際には一度Cymbagだけで挑戦してみたいですね。

やっぱり家で生ドラムで練習できるのはいいですね。曲をまんま覚えるだけならイメトレで充分ですけど、リズムを自分で決める場合はやっぱりやりながらがいい。自分の場合ヴィンテージグレッチをそんな風に使うなんてって話ではありますが、音がいいので練習がいくらでも続きますよ(笑)

そういえば去年ぐらいにジルジャンからGen16 AE Cymbalsなるエレドラ用シンバルが出てたみたいなんですけど、これって自宅練習用に最適な気がしてなりません。ショップカノープスでちょっと叩いたんですが、本物のシンバルなのに音が小さくてすごいと思いましたよ。トリガーとか取り外したシンバルだけの状態で売ってたらいいのに。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

笑い飛ばせる気力を 心に光る勲章を 

今日はB'zセッションに参加してきました。セッティングが見た目的によく出来てて写真撮りたかったんですが、入れ替えも慌しく無理でした。とにかくいろんな収穫があったので書き留めときます。

今メインのバンドで利用してるスタジオは狭くて、普段クラッシュとライドの間ぐらいの配置に置くチャイナシンバルをハイスタの恒岡さんのように右クラッシュの左脇に移動していて、そっちで慣れてしまったかもと思って今回のセッションでもツネさんポジションにしたのですが、この方が右が狭苦しくないし、左右非対称のルックスが結構いいので、今後この位置で行こうと思いました。

今日のセットはパールのリファレンス。リファレンス自体はいろんなスタジオで叩いてるのですが、今回新鮮だったのはタム類のヘッドがコーテッド・・・。正直ヴィンテージ的な路線というか、60年代の音を狙うなら最適でしょうが、現代ロックとは合わないですね。自分のメタルチューニングもやろうとしてちょっと緩めたらすぐバインバインになったので諦めました。思えばピンストライプというヘッドはあのストライプ故にチューニングがしやすいのかもしれません。バスドラだけ逆にピンストで、特にチューニングしなかったけどすごく良かったですね。池袋ペンタで叩いたリファレンスと違って芯がしっかりしてました。

驚いたのはシンバルはパイステ2002で統一しているという!ずいぶん太っ腹なスタジオだことw自分の持ち込みシンバルを足すとAジルスプラッシュが浮いててなんだか見慣れない光景wオールパイステとなるとさすがに初めてだったのでいい体験でした。パイステ2002の肝心のサウンドですが、確かにあの高域は気持ちいいですが、自分的にはスカスカとも思えてしまう。繊細な表現なんかも抜群のレスポンスですごいいいんですけどね。これくらいの繊細さとセイビアンAAばりのパワフルさがあるのが自分の中の理想かも。HHXだとちょっと芯が足りないんだよな~。なんかめっちゃわがままですね。

今回アクシスのシンバルスタンド持って行きました。いや~とにかく軽い。プロテクションラケットのうっすいハードウェアケース(クッションとか、固定ベルトとかそういうのが何もないw)で背中にしょっても全然苦痛じゃないw肝心のサウンドは、軽いだけに重厚さはあまり出ないですが、やっぱりハイの開放感に尽きるかと。いやいや、もうちょっと使ってみて結論出します。

そういえば1曲だけスタジオのセッティングのままでやったんですが、例の20プライのスネア、初めてちゃんと叩いた気がします。リムショットするとすっごいスチールとかのスネアを叩いたような響き。すごく固くてメイプルの温かみみたいなのはあまりなかったですね。木胴で作る意味があるんだろうか・・・。見た目は超カッコイイですが、まぁ自分はいいです。

今回かなり音を吸う部屋だったので、グレッチG4160HBの良さは最大限は活かせなかったと思いますが、それでも高剛性リムショットでガッシリ引き締まっていい感じでした。やっぱタッチって大事ですね。いろんな人がグルーヴグルーヴっていうけど、ドラムの良し悪しを決める最大の要素はダイナミクスだと最近は思っています。・・・今日はこの辺にしときます。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ロックンロールの魔法 

Groove Wedge 正面 Groove Wedge 真上から

この度の震災で自分自身は特に被害にあったわけではないですが、いろんな状況を知れば知るほど胸が痛くなるような、かなり神経の削れた1週間でした。同時に、自分が音楽をやる意味を考えさせられた1週間だったと思います。ま~ミクシィの日記にも書いたんですけど、テレビを通じて悲劇を目の当たりにして、気が滅入ったり未来に希望が持てなくなったり、そんな人たちを元気付けるぐらいはできるんじゃないかと。そういうのを昨日のライブでも手応えとして感じることができたのは良かったと思います。ただ被災地の方々を元気付けるとなると客観的に自分達はまだ力不足だし、やはり大物アーティストさん達が動いてなんぼと思うんですよ。タイミング的にはもうちょっと先と思いますが・・・。変な話、音楽そのものに対して不信感というか虚無感というか、失望している部分があったんですが、今回いろんな場面で音楽が力になるっていうのを逆に教えられたと思っています。

これから日本経済はもっと悪くなる見通しが強いと思います。こんなこと言うのもなんですが、こういういろんなマイナス要素だらけの時こそ本物のロックバンドが誕生するんじゃないかと思ったり。神聖かまってちゃんが非リア充の代弁者だとしたら、今度は日本のほとんどの若者が持つ未来への希望のなさと大人への怒りを代弁してくれる、ピストルズやニルヴァーナぐらいのスケールのバンドが日本から出てくる最後の機会のような気がしてなりません。最後というのは今の自然災害や人災やこの後来る経済的危機を乗り切ってしまえば、しばらく日本は無敵モードでしょうから。割とそういう所に期待はしてます。不謹慎ですかね?

さて、やっと本題なのですが、スネアにヤマハのグルーヴウェッジを導入しました。使っていくごとに愛情が増していくメインスネアのG4160HBですが、クローズドリムショットの音が弱いのが珠に傷だったり。(自分が下手なせいかも)。実際に昨日のライブでも使ってみて、自分で聞いてみた分にも録ったのを聞いた分にもカツンッ!っていうヒット音だけはよく聞こえてくる印象です。鳴りは写真でわかるようにシェルから距離をおいているだけあって皆無・・・。上手くスティックの持ち手側の端をスネアヘッド上のスイートスポット(かなり狭い)に押し当てればそれなりに鳴ってくれるっぽいのでここは追求ですね。その位置によってはバウムクーヘンみたいな打面に面でヒットさせられるみたいなので。

驚いたのはスネア自体の音が変化してしまったこと。普通にリムショットを叩いていて「明らかに音が変わってるような」とは思ってましたが、録ったやつを聞いて本当にびっくり。ほとんど木のスネアの音です。下手な木のスネアより木の響きがする。こんなタイトかつ木胴らしい響きがマイクに伝わる木のスネアは逆にないんじゃないかと、あっても大概は中音域が足りなくて音が細くなりますけど、こいつはスネア本体の豊富な中音域が程よくミックスされてるようで、力強さがあります。自分の好きな音色が変化してしまっているのでこれを良しとするかはまだなんとも言えません。きっとボルトタイトをグルーヴウェッジ側接続部にも装着したせいだwいやぁこれは面白い発見ですよ。とりあえず次のライブまで継続して使います。

話は変わるんですが今回のライブを通じて改めて椅子の高さが重要だと思い知りましたね。最近どこ行ってもパールのハラマキスローンを見かけるんですけど、あれって高さ設定が一番低くしても自分とは合わなくて困ってます。ハラマキをクルクル回して外せばいいんですが、スタジオによってはそれが迷惑なようで接着剤で固定してたりして、そのせいで自分が腰を痛めるハメになったり・・・。そんなわけでカノープスのハイブリッドスローンを購入して毎回持っていこうと画策中。あぁ、また持ち込み機材が増える・・・。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

MADE IN TAKUAN 

ハッピーバレンタイン

スプリングを変更してみました。やっぱりゲートウェイは軽いのにレスポンスがすごいですね。コブラコイルなんていらなかったんや。もしかしたらいけるかもと、DWの2ウェイビーターでやってみたんですが、やっぱりちょっと思いせいか、振り回されちゃいますね。赤リンゴにするとだいぶ楽にコントロールできるんですがどうもアタックが納得いかない。ウッドビーター特有のゴツンとした感じはあまり好きじゃないですし、マイクを通しても輪郭がぼやけるんですよね。ヤマハのベルトのペダルを使ってて思ったことがあるんですが、輪郭がぼやけるとなんとなく揃っちゃうんですよ。だから誰が踏んでもしっくり来る。でもそれだと自分のキック特有のハネは表現できないんですよ。無難なバスドラになってしまう。プリアンプでぶっとくしたジャズベみたいなもんですね。プラスチックビーターの方はくっきり明快でシャープだからその辺の表現がきくんです。ただ音量感はだいぶ落ちますけどね。

こうなったら溶けてヘッドにくっついちゃうことから長らく封印していたチタニウムビーターキングを復活させてみるか。なんとか対策をとりたいですけどね~。使ってる人はみんなどうやってるんでしょうか?あとあのビーターって返りがあまりないんですよね。その割りに外音はいいんですけどね。まぁ今度試してみます。

にしてもカ○○○○○○○○○○って本当に何が魅力なんでしょうか。メイプルより音が悪い上にメイプル程もアタックがない、音域もダイナミクスも狭い、音量は小さい、こればっかりはチューニングしてもぱっとしませんね~。アーティストが使用している特注品はきっと良さが出ているんでしょうけど・・・。スタジオで出くわす度に疑問に思ってしまいます。なんかいきなり関係ない話題でしたねw
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

駆け引きの苦手な天秤座なのさ、まったく 

ライドが低いとよく言われます・・・。

最近ヒール&トゥ奏法に目覚めつつあります。

ずっとスライドの高速2連打時に音量が落ちることが気になっていて、真円ペダルを試してみたりとかしたんですが解決せず・・・。そりゃそうですよね。

で、練習の中で知らず知らずのうちにやっていたのが踵でもペダルを踏んでいたという・・・。最近結構体全体で踏んでいるようなイメージになっていて、足の動きが大雑把になっていた故に偶然的にやっていたわけです。音がしっかりでるし、慣れれば使えるかもと。ビール&トゥなんて存在は知っていても使い物にならなそうなイメージでした。この踏み方って足の関節の回転を利用してると思うんですけど、なかなかいけるもんですね。今自分が使っているデーモンドライブのようなロングボードのペダルだからやりやすいのかもしれません。B'zのRUNっていう曲のダブルがすごく苦手で、どうしても音量が小さくなってしまって苦手だったんですが、なんとかなりそうです。

あぁ~某ペダル注文しちゃったけど別にいらないと思えてきた・・・。
DRUMS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。