FC2ブログ

時々考えてしまうよ、いっそのこと生まれてこなきゃよかった

ボヘミアンラプソディ良かったですね。実は書き途中の、これまで突き詰めてきたことのまとめ的な内容の記事があって、途中で追求が足りないことに気付いて下書き状態のままという、そんなわけで、もっと普通の1年振り返り的なのをさくっと書いておこうと思います。去年の機材面の変化としては、相変わらずスネアをバカスカ買って、ろくに整理も出来ていないのですが、機材紹介記事の4台のラインナップが実に便利な感じになって、...

憎悪で汚れた小さな隙間を

さてさて、ドラムのネタはもうちょっと温めたいのがあるので、今回は初めてドラム以外のことを書こうということで、使っているベースの機材の話を。まずは自分の機材構成・・・。ベース本体:G&L SB-2↓本体からボードへのケーブル:NUDE CABLE Type-B (5m)↓チューナー:Sonic Reseach ST-300↓コンプレッサー:K&R Groove Comp↓プリアンプ:Freedom Custom Guitar Reserch Quad Sound-Bass Pre AMP↓ボードからアンプへのケーブル:N...

恐れることはない

最後にやったライブかな。録音源を聞くと明らかに「ノレる」というところが違うんですね。このバンドの最初のライブの方なんかを聞いても、タイトではあっても「ノレる」わけじゃなかった。この違いがでかいと思ってるんですよ。ライブだから、ましてやコピーだから、何が求められるかって、自分は「ノレる」演奏が出来るってことを一番大事にしたいと思ってるんですよ。どれだけ本人らに近づける(音とか格好とか)とか、MCの煽り...

閑話休題

そういえば今更映画「セッション」みたんですが、なかなか面白かったです。現代でチャーリー・パーカークラスのジャズマンが生まれるとしたら、現代だったらこれくらいの過程はあるだろうっていうことを描いているんだと解釈してます。人間的にクソな師匠と反骨精神旺盛な生徒がドロドロの人間関係で憎みあいながら上り詰めていくという。まぁ現実的に無理があるというか、昔の天才達はそれくらいみんなムチャクチャなんだと思うし...

2011年を振り返って

本当にいろいろあった年ですが、個人的にもずっと嵐のような1年でした。例年以上に虐げられ、鍛えられたような1年でした。それでいて、結果の方は一向についてこないという・・・。そんな中、ひたすら前向きになるように努めた気がします。この1年でとにかく強くなった気がしますし、ドラミングもだいぶ安定したというか、ひとまず完成を見た気がします。機材も一通りそろいました。役者が揃ったって感じです。何より音楽に対す...

今年の終わり

まさか自分がこれを手に入れるとは思わなかった。スリンガーランドのスティールです。憧れのスネアですが価格的にもレア度的にもチャンスはないだろうと思っていて、手に入れる視野さえありませんでした。今日やっと叩く機会があったんですが、とても楽しい、よくできてるな~と思いました。プレスフープなのにまるでダイキャストフープのようなまとまり感とアタック。チューニングとか何もしないで挑んだのでピッチは若干低めでし...

考えれば考えるほど辛い

今日はあるコピーバンドのワンマン見に行きました。いや~良かったですよ。プライドの高いバンドマンはコピーバンド=オ●ニーぐらいに思っているかもしれませんが、(まぁオリジナルだろうと評価されないうちは同じと思いますが)今日見たバンドに限って言えば、お客さんに喜んでもらうライブをやっていたと思います。そのアーティストさんはもう亡くなっていて、そのアーティストのファンなんかが地方から見に来てたりして、ある...

構築性なし(近況報告)

1ヶ月更新を放置すると広告が載るのがタチ悪いですね~。何が何でも書こうという気にさせられる(笑最近あまり楽器屋サイトを見なくなったんですよ。自分が手に入れたものに満足してしまっていて、イケベのメルマガも見なくなっちゃいました。正直そうなれて良かったと思ってますけどね。お金がいくらあっても足りないw一方でこれが楽器が自分にとってあくまで商売道具だということの現われだとも思ってます。今スネアが全部で7...

ツイートするボタンとmixiチェックを設置してみた。

参考にしたURLはこちら。ツイートするボタン(tweet)を設置しよう | WEBマスターのお仕事最小努力で最大効果の望めるmixiチェックボタンの簡単設定!: 世界中の1%の人々へ基本テンプレートとかいじらないのでちょっと大変でした。...

僕には簡単じゃないことだよ

最近呼吸法が楽しくてしょうがないです。まぁまだ完成度は低いかもしれませんが、最近やっとコントロールできるようになってきてこれが面白くてしょうがない。ベースをやろうと思ったのも応用できると確信したからです。もちろんベースについては練習は必要ですので時間を掛けてやらなきゃいけません。そう、脱力して弾けるようにさえなればそんじょそこらのベーシストにも負けません。リズム感は共通ですからね。最近はベースの音...